にじいろ*スケッチ

タグ:海 ( 4 ) タグの人気記事

北谷へ

10月30日(金)

名護の友達と北谷で待ち合わせて遊んできました。

先に北谷に着いた私たち。
ハロウィンの前日ということで、近所の保育園やインターの子供たちが仮装して歩く場面にいくつも遭遇しました。

近所の保育園の子供たちは、ゴミ袋被って仮装している感じの子供たちが多かったですが、土地柄、外国の子供たちも多くみかけて、そういう子供たちの仮装はかなり本格的でした。

c0072734_154132.jpg


スタバに入って窓際の席で友達の到着を待っていると、向こうから友達親子がやってきました。

それを見つけたハルくんは「じゅ~じゅ~」と大興奮で叫びだしました。

あらかじめ「今日はHくんと遊ぶよ」と言ってはあったものの、実際に久しぶりのHくんの登場はサプライズだったみたいです。

11月に3歳になる二人の友達の誕生日プレゼントを探した後、近くのアラハビーチの公園へ移動。

船の形をした遊具で遊びました。
繰り返し繰り返し滑り台を滑るHくんとハルくん。

ケタケタ笑いながら… とにかく二人で一緒に遊んでいることがうれしくてたまらない感じです。

c0072734_1541385.jpg


そしてアラハビーチにも降り立って、波打ち際で遊ぶ二人。
波打ち際から、どんどん海の中に入っていくハルくん。
ずぶぬれになるよりは裸のほうがマシ?と裸にさせて遊ばせてしまいました。

c0072734_0295346.jpg




そして裸のまま、再び公園へ。

c0072734_1541351.jpg


まだ海で泳ぐ人はいることはいるけど、沖縄もすっかり秋、裸で遊ぶ2歳児に近くを通ったおばぁに「なんでこの子は服着てないのかねぇ」と言われてしまいました。

そう言われても、やはり服を着たくないハルくん・・・・
ほどほどのところで車に引きあげました。
[PR]
by gooday1223 | 2009-10-30 23:54 | 沖縄暮らし | Comments(0)

渡嘉敷島へ(2) 海遊び

9月23日(水) その2

島内をバスで移動すること20分くらいで、阿波連ビーチに着きました。
このビーチは2度目。前回は泳ぎにきたのに水着を忘れる大ボケをやってしまったんだったなぁ。

バスを降りるとビーチに下っていく道の向こうにコーラルブルーの海が待っています。

さっそくパラソルとハルくんの浮き輪をレンタルしてビーチに向かいました。

c0072734_242397.jpg


陽射しは眩し過ぎるくらい。
やはり慶良間の海の色は、最高です019.gif
海水はやや冷たく感じたのは、夏の終わりということなのかな・・・

c0072734_24238.jpg


ハルくんは、初めての浮き輪でした。
レンタルした浮き輪のイラストが、車や消防車、救急車、バスなどだったのが良かったみたいで、浮き輪にくいついていました。

浮き輪を砂浜において、その中に片足からよたよたと入って、浮き輪を胸のあたりまで持ち上げて、張り切って海に向かっていく姿がなんとも可愛いかったなぁ016.gif

海に入ると「こわいのぉ~」といいながらも、すぐに笑顔に。
意外とすぐに慣れて、足をバタバタさせて泳いでいるつもりでご機嫌で楽しんでいました。

パパがシュノーケルをつけて沖のほうへ行ってしまうと、自分も「あっち~あっち~」と沖に向かえと指示をし、シュノーケル姿の男性をみつけると「パパ~」と指差して叫ぶ、ハルくん。

c0072734_2212167.jpg


ひとしきり海を楽しんだら、集落に昼食を食べに出かけました。
私は三枚肉そば、Sくんはメカジキのバターソテー、ハルくんは二人の取り分け。

昼食の後は、集落を散歩したりかき氷を食べたり、海水浴っぽい時間の過ごし方を。

ビーチに戻るも、陽射しが一番強い時間帯で、陽射しを避けないとコゲテしまいそうなほど。
この時間は、グラスボートに乗ることにしました。

さんご礁の近くには、たくさんの魚の群れを見ることができ、ハルくんは「おぉ~」「さかな~」と叫んで喜んでいる様子。
船酔いが怖くて最初乗り気でなかった私でしたが、こんなに喜んでくれると、やっぱり乗ってよかったなぁ。
帰ってからも、なにやらこの時の話をしている様子のハルくんなので、よほど印象的だったんでしょう。

c0072734_242357.jpg


再びパラソルの下に戻ってきて、砂遊び。
適度の湿り気があって、遊び易かったです。
山にトンネルをつくると、スコップやシャベル、自分のサンダルなどを電車に見立てて、「のんのん(がたんごとん)、のんのん」と言いながら夢中で遊んでいました。

c0072734_242335.jpg


最後、日が影ってきたチャンスを狙って再び海にみんなで入って、渡嘉敷島の海を入り納めてきました。

帰りのバスに乗ると、すぐに眠りに落ちたハルくん、その後船の中でもぐっすり・・・
海水浴にお昼寝なし、よほど疲れたことでしょう。

ちなみに帰りの船は、乗船の人ほとんどが寝静まっていて、とっても静か。
みんな遊び疲れたんでしょうね~。

泊港に着くと、約束していた富士屋にぜんざいを食べに歩いて向かいました。
那覇の富士屋で店内でぜんざいが食べられるのは、ここ泊のお店のみだとか。
ついでに夕食も済ませてしまいました。
[PR]
by gooday1223 | 2009-09-23 20:04 | 沖縄暮らし | Comments(0)

渡嘉敷島へ(1)

9月23日(水)

シルバーウィーク5日目。最終日

この連休一番の目玉、今日は日帰り渡嘉敷島旅行です。

9時に泊港北岸からでマリンライナーとかしきで出発です。

c0072734_28072.jpg


高速船でゆれるから船酔いするのが怖くって、空ばかり見ていました。

c0072734_135317.jpg


ついでにハルくんにも、「くもが綺麗だね~」と遠くを見るように仕向けてみましたが、船があげるしぶきに釘付けのようでした。

c0072734_1353196.jpg


こんもりした緑の島が近づいてきました。
これだけ山があれば、瀬長島からも島影が見えるのも納得だめとSくん。確かにそうね。

c0072734_1353178.jpg


港から安波連ビーチまではバスで20分くらい。
山間を抜けていく道中、沖縄の離島とは思えないくらい山深い景色、そして水田風景。

二期作が行われているようで、2回目の稲が青々と緑の稲穂をつけていました。

c0072734_1353147.jpg

[PR]
by gooday1223 | 2009-09-23 09:35 | 沖縄暮らし | Comments(0)

あざまサンサンビーチ

9月20日(日)その2

昼食の後は、比較的よく行く南条市の海岸線沿い方面へ。

ハルくんが車で寝るかな~と思いつつ走るも寝る気配がないので、ビーチに行ってみました。

あざまサンサンビーチ

といっても、水着もないので砂浜と波うち際をちゃぷちゃぷする程度のつもりで…

c0072734_1132286.jpg


2000年にオープンした人工ビーチということで、施設もそろっていて子連れには行きやすそうなビーチでした。
台風の影響からか、波は結構ありましたが、たくさんの人が遊んでいました。

さて、波打ち際ちゃぷちゃぷのつもりが、「あっち~あっち~」と沖のほうを指すハルくんに手を引かれ、着替えのない私たちはたくし上げたパンツもむなしくびしょびしょに。
ハルくんは胸のあたりまで、しっかりつかってご機嫌でした。
さすがに突然大きめの波が来て、頭から水をかぶった時には、泣いて浜に逃げ帰っておりましたが、再び海の中へ。
波が来たら私と手をつないで「ジャ~ンプ!」と波を楽しんでいるようでした。

ハルくんは着替え、着替えなしの私たちは服が乾くまで日陰で一休み。

帰りの車は、さすがのハルくんもすぐに眠りにつきました。

c0072734_1132238.jpg



[PR]
by gooday1223 | 2009-09-20 16:13 | 沖縄暮らし | Comments(2)