にじいろ*スケッチ

タグ:レストラン ( 4 ) タグの人気記事

仲良し3人組と

10月16日(金)

東京の近所の仲良しボーイズ3人組と公園へ。

先に公園について一人で遊んでいたハルくん。少し大きい子供たちが多かったのもあってか、いまいちスイッチが入らず、控えめな遊びっぷりでした。

c0072734_1114464.jpg


c0072734_1114442.jpg


そこへ親友2人が到着。
遠くから歩いてくる2人をみつけたハルくん。
「あ~あ~」と2人を指をさして私に興奮の眼差しで訴え、駆け寄っていきました。

嬉しいけど照れくさそうなハルくん。
すぐに一緒に遊ぶというわけではなく、少しずつ距離を縮めながら遊び出しました。

一番高い滑り台の上に2人の姿を見つけたハルくん、急いで滑り台の階段があるほうに駆けていき、大慌てで階段を上っていきましたが、一番上についたときは、すでに2人は滑り台を滑り落ちた後。
2人がいないのに、ハルくんは大泣き。はりきって上っていった後の大泣き。。。友達の間でこういう泣き方もできるようになったんだなぁとじーんとしてしまいました。

気がついてHくんとRくんのママたちが、2人に「ハルくんが上で待ってるから、急いで登って~」と声をかけてくれて、2人はせっせと階段を上がっていってくれ、2人がハルくんのもとに到着。

2人に気がついたハルくんは泣くのをやめましたが、なんだか嬉しそうな表情をこらえながら気恥かしそうに手すりにしがみついていました。

そのあとは、ちょっとおにいちゃんのRくんが「どうぞ~」とハルくんを促してくれて、長い滑り台を滑っていきました。

そこからは3人で繰り返しその滑り台を滑り、滑り台の下で、1人目、2人目、3人目とみんなが降りてくるのを待って、再び階段に駆けだしていく3人。

みんな笑顔がはじけていて、嬉しそう。
3人の楽しい遊びっぷりを携帯写真で撮らなかったのが残念だわ。

同じ遊具でも、仲良しといっしょに滑る滑り台は格別だよね、ハルくん。

その後は六本木ヒルズのロイズでランチして、ヒルズ前の広場でちょっと遊んで帰りました。
[PR]
by gooday1223 | 2009-10-16 16:11 | 沖縄暮らし | Comments(0)

ボーリング決戦 + 映画「タイフーン」

昨年の9月、約束をしていたボーリング決戦、急な仕事で流れたまま半年が経過してしまっていましたが、4月29日、ついに決戦となりました。

私達夫婦 VS Sくんの会社の同僚とその彼

3時に品川プリンスに待ち合わせるも、あいにくの雨模様とゴールデンウィーク初日とあってか、ボーリング場は大変な混みよう。2時間半待ちです。
そこで、2時間半なら映画がちょうど観られるのでは・・・と品川プリンスの映画館で、急遽映画を観ることになりました。

観たのは韓国映画「タイフーン」。(ちょっぴりネタバレありです。)
幼少期家族と脱北を試みるが南朝鮮に拒まれ北挑戦に連れ戻され、両親を目の前で虐殺され姉と二人生き残り、その姉とも生き別れてしまい、韓国に復讐心を煮えたぎらせる青年をチャン・ドンゴンが、韓国への忠誠心を誓う軍人をカン・セジョンが演じています。
チャン・ドンゴンの韓国への復讐の実行をカン・セジョンが阻止するというストーリー。
冒頭からよくわからないうちに、激しい戦闘場面に次々と人が殺される場面は、ほとんど目を開けることができませんでした。どんなジェットコースターよりも、ああいう場面は本当に苦手です。
最初は後悔しつつも、だんだんとストーリーが見えてきたら、引き込まれていきました。
所謂悪人役のチャン・ドンゴンですが、ストーリーが進むにつれ、その背景を知るにつれ、辛い歴史に切なくさせられ、悪人を悪人で終わらせないところがよかったです。
なかなか、こういう戦闘シーンがあるような映画って、自ら進んで観にいったりしないので、観終えてすごい達成感がありました。 

映画が終わって、すぐにボーリング場に行って、3ゲーム。
4人とも、なかなかいい勝負で、1投毎大騒ぎで喉が枯れ、疲れ果てました・・・ 
ちなみに、私の最高スコアは113。相変わらずのレベルです^^;

その後、恵比寿に移動し、韓国料理ソナムで食事をしました。
Sくんの同僚は、とっても痛快で素敵な人。笑いが止まらない会話で、ほんと楽しかったです。第2回もあるといいなぁ・・・
[PR]
by gooday1223 | 2006-05-01 14:43 | 日々 | Comments(2)

泣けるカレーの店

昨日は2人で都内散歩に出かけました。

昼時だったので、まずは腹ごしらえ。
ということで、いかにも「拘りの店」らしい看板を掲げていて以前から気になっていたカレー屋に行ってみることにした。

その看板には、
c0072734_12323159.jpg

「お水はいっさい出しません」 と。

カレーにしては、いいお値段ですし、気になりつつも入ることがなかったのですが、今日はチャレンジデーにしようということで、思い切って入ってみました。

店内に入ると、コの字型のカウンターの中にお店の方(女性)がいました。
カウンター席のみ7~8人入れば満席の小さなお店です。
既に一人初老の女性がカレーを食べておられました。

席につくと、「当店はビーフカレーのみになります。」とカウンターの女性に言われ、私達は各自、テーブルマットに書かれた「カレー心得」や、机に置かれているお店のカード(↓)を読んで、静かにそのカレーが出てくるのを待ちました。

c0072734_12424535.jpgc0072734_12443296.jpg

「追伸:ハンカチ又はバスタオルを必ずご持参下さい。」

無表情の女性店員に緊張感漂う店内とはギャップのあるこのユーモアが余計に怖い。

出てきたのは、具なしのサラサラスープ状のカレー。
(お店の方が後ろを向いている間にサッと撮影)
c0072734_12491256.jpg


「ご飯と混ぜると辛さが増しますので、カレーはカレーのみでお食べください。」

というアドバイス(指導)とともに目の前に出されました。
お店のカードによると、野菜や肉を裏ごしたスープに多種のスパイスを加えたカレーということで確かに複雑な味は感じ取れました。しかし、あまりにサラサラで、満足感でいえば、どうかな??って感じです。

それに、かなり辛いわけですが、「お水はもらえないだ・・・」という気持ちが、より辛く修行のような気にさせます・・・ カレーを食べるときって、お水は飲まなくても、横に水があって「いつでも飲める」という安心感で、その辛さを楽しめるところがあると思うのですが。

先に食べ終わったSくんには、抹茶アイスが出てきました。

普段であれば、「ちょっと一口ちょうだい」となるところですが、怒られそうなので、羨ましそうに横目で見ながらがんばりました。

私が抹茶アイスを食べ終わったのを確認すると、Sくんは「じゃ、行こっか。」と言って、すぐに店を出てきました。

帰りがけにお店の方に「すぐには冷たいものを飲まないほうがお腹の調子にはいいですよ。」と言われました。「医食同源」をテーマにしたお店だけあって、最後までその拘りっぷりが伺えます。

お店を出て、二人で顔を見合わせて「変った店だったね~」と、お店の中で話せなかったことをいっぱい話しました。

ずっと気になっていたお店ですし、一度はチャレンジするはずだった店だったので、まぁ面白い経験でした。

まだまだコッテリボリューム満点な食事が好みな私達には、少々拘りが強すぎましたが、実は結構ファンも多いお店のようです。

英国風特製カレー
SUNLINE
東京都港区高輪1-5-15
[PR]
by gooday1223 | 2006-03-05 13:13 | 散歩 | Comments(8)

オリンピック銅メダリストがいる宿

先日の高知旅行の宿の話です。

二つの宿をはしごしましたが、最初の宿を紹介します。
ここは、ブログでも何度か名前を出していますが、土佐和紙工芸村という宿泊施設。

敷地内では、宿泊棟や工房やギャラリーや大浴場、農協市場などが独自に運営され全体として道の駅・土佐和紙工芸村を構成しています。

私達は、1日目はここで、はた織り草木染紙すきを経験して楽しみました。

宿泊棟は、ところどころ素敵な和紙作品がインテリアで使われているのは、なかなかおしゃれではありますが、けっして華美でなく、修学旅行などで使われそうな感じです。

でもでも、この宿はひとつ特上な点がありました。

それは、タイトルの通り、この宿のシェフは世界料理オリンピックの銅メダリストなのです。

シェフのお名前は、永野 壽さん。昨年ドイツエアフルトで開催された第21回世界オリンピック個人部門で銅メダルを受賞されたそうです。このオリンピック4年に一度世界各地で開催される料理界のオリンピックだそうです。21回ということは、84年の歴史ってこと???

このような高知市街から遠く離れた所で、本格的なフレンチがいただけるとは・・・・
それも、お値段も東京の物価で考えれば、比較的お手頃なのです。
地場の素材を活かした料理にこだわっているとか・・・
近所にこんなレストランがあればなぁと思いますが、
この環境だからこそ、できる料理なんでしょうね。

それでは、料理の写真です。

c0072734_22175969.jpgc0072734_22181371.jpg
c0072734_22182481.jpgc0072734_22183131.jpg
c0072734_22192711.jpgc0072734_2219332.jpg
c0072734_22194979.jpg

何とか全て写真におさめることができました。
[PR]
by gooday1223 | 2005-11-01 22:53 |    ★高知 | Comments(0)