にじいろ*スケッチ

<   2009年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

イルカ公園へ

11月24日(火)

朝になって連絡を取り合って、TちゃんRくんたちと西原のイルカ公園に遊びにいくことになりました。

先にTちゃんとRくんたちに行っていてもらって、私たちは後から合流。

イルカ公園、噂には聞いていたけど、それはそれはワクワクものの公園でした。

周囲には何もなく、真っ青な青い空にイルカの遊具がはえています。

c0072734_22271852.jpg


しかし、ちょうど小学校の遠足の集団で遊具はごったがえしていて、2歳児の入り込む隙がありません。遊具の上で鬼ごっこをしたり、ボールを投げをしたり… 小さな子どもの親子連れは諦めて退散していく人もちらほら… 

小学生たちにとっても楽しい遠足でしょうけど、この大人数で遠足に来る場所としてはどうなんでしょう?もっと広場で遊ぶようなところのほうがいいのでは… 

私たちも早々に退散してお昼を食べ、浜辺のほうに出てみました。

ビーチでは、ハルくんと同じくらいの男の子が、おかあさんとおばあさんとビーチボールを蹴って遊んでいました。
そこに積極的に入っていくTちゃん、そしてちょっと遠巻きに様子を伺うハルくん。

その後は海岸線沿いをお散歩。「うみね~」と言いながら。

c0072734_22271925.jpg


海沿いを歩いていくとビーチに隣接した公園にやってきました。

Rくんとお砂場遊び。

c0072734_22271958.jpg


最近「こあい」が口癖のハルくんですが、高いところに対する恐怖感はまだないみたいですね。

c0072734_22271933.jpg



[PR]
by gooday1223 | 2009-11-24 22:27 | 沖縄暮らし | Comments(0)

瀬長島で飛行機

11月23日(月・祝) その3

道の駅いとまんを出ると、お昼寝に入ったハルくん。

ちょっとTOMITONというショッピングモールに立ち寄り、寝ている隙にブルーシール休憩011.gif さっきはハルくんとシェアとはいえ、本日2回目のアイスクリーム。明らかなカロリーオーバーです045.gif023.gif

そして、まだ眠り続けるハルくんを乗せて、那覇に戻りつつ瀬長島に寄ってみることにしました。

瀬長島に渡る橋の上は、那覇空港に直陸真近の飛行機が手の届きそうな高さの上空を飛んでいく、迫力満点の飛行機Viewポイント。

夕日をバックに飛行機が見られる時間とあってか、すでにたくさんの車が道の脇にとまっていました。

c0072734_1554018.jpg


ハルくんも寝ていて、ひとり静かに夕暮れ時の景色を堪能

c0072734_1554096.jpg


そんな時間もつかの間。
ハルが目を覚ましました。

上着を着せて、車の外へ。

一緒に飛行機を見ました。

ハルくんは真近を飛ぶ飛行機を「おおきぃねぇ~」と目を丸くしながら手を広げて表現。

空港に着陸せず遥か上空を飛ぶ自衛隊の飛行機を見て、「ちいさいねぇ~」と目を細めて困った顔し、手で小さな丸をつくって表現。

そして「じゅーのった?」「じゅーのまみー?」と、先日東京に帰るHくんが乗った飛行機を公園で見送った時の記憶を振り返るハルくん。

今日は、これから東京に出張中だったパパが飛行機に乗って帰ってきます。

「パパも飛行機にのって帰ってくるよ、あの飛行機にはパパ乗ってるかな?」

って話してあげると、その後上空を通る飛行機を見上げて

「パパ~ばいば~い」と手を振っていました。

c0072734_1554086.jpg


次第にあたりは暗くなってきました。

冷えてきたので、再び車に乗り込んで空港へ。

パパのお迎えです。

「パパを見つけたら教えてね」というと、出口から出てくる人を一生懸命みるハルくん。

ハルくんの目にとまらぬうちに、パパがハルくんの後ろに立っても、しばらく気がつかないので、「あれ?あれ?」と声をかけると後ろを振り向いて「パパいた」と。

みんなで車に乗って夕食を食べにいきました。
だいこんの花という沖縄を中心に展開するバイキング形式のレストラン。
種類も多いし、食べたいだけとれるのが、私たちみたいな親子連れにはちょうどいい。

ハルくんは、浮かれて大はしゃぎでした。

店を出ると、私とSくんに「ママてて、パパてて」と手を要求。
両手をつないでたいそうご満悦な様子なハルくん。
やっぱりパパが帰ってくるというのは、何かが違うようですね。
[PR]
by gooday1223 | 2009-11-23 23:55 | 沖縄暮らし | Comments(0)

道の駅いとまん

11月23日(月・祝) その2

南浜公園を後にして向かったのは、道の駅いとまん

今年の9月11日にオープンした日本最南端の道の駅で、既存のファーマーズマーケットやお魚センターに加えて糸満市物産センターとカフェと総菜屋が入った障害者支援施設イノーが新たに加わって、県内最大規模の道の駅となったそう。

前回9月12日頃だったかオープンイベントでにぎわっているところを、偶然Sくんも一緒に来たことがあって、だいたい場所がわかったのでハルくんと再訪してみました。

物産センターの中で、沖縄そばでランチにし、二人でマンゴーアイスをシェアして食べました。

その後、ファーマーズマーケットを見学。
地場の新鮮そうな野菜が賑やかに並べられて、ついつい買いたくなりましたが、家に結構備蓄があったので、抑えめにミカンとトマトと島ねぎを購入。

c0072734_1522624.jpg


その後、お魚センターでは、ハルくんと一緒にお魚見学。ハルくんは、お魚を見るのが大好き。
「みーばい、みーばい」と真っ赤なミーバイという魚を見て叫んでいました。
まだまだ語彙が少ないのに、その中に「ミーバイ」という言葉が入っているとは…なんともバランスのおかしい言葉の習得だこと。

公設市場の魚屋よりも、こちらのほうが普段使いで買いやすいように売られています。
せっかくなので、ミーバイの切り身を3切れ購入。これで800円ほど、ミーバイ、ちょっとした高級魚です。

c0072734_1522675.jpg


3連休ということで、今回もイベントが行われていて、ちょうど特別支援学級の太鼓クラブの演奏が始まるというので、聞いてきました。
「オジー自慢のオリオンビール」に合わせて軽快に太鼓をたたくみなさん。
笑顔が輝いていて、いい演奏でした。

c0072734_1522674.jpg


移動遊園地もやってきていて、遊び放題500円のところを2歳児ということで300円にまけてもらってハルくんも入場。

大きな子供たちの中で遊べないかなと思いましたが、自分でも遊べる車を1台キープして嬉しそうに乗りまわしていました。

c0072734_1522646.jpg


パラパラと雨が降ってきて子供たちが減ったタイミングを見計らって、トランポリンにも挑戦。
円形のトランポリンをぐるぐる走り回って遊んでいました。

c0072734_1522688.jpg



[PR]
by gooday1223 | 2009-11-23 23:52 | 沖縄暮らし | Comments(0)

憧れの南浜公園

11月23日(月・祝)

今日も天気予報に雨マークがつく一日。

空を見上げれば怪しい色をした雲と奇麗な青空が混在。

なんともはっきりしない天気で、予定が立てづらい…

昨日は一日那覇市内で、私の趣味で過ごさせてもらったので、今日は思いっきりハルくんを遊ばせてあげようと思い、兼ねてからハルくん憧れの公園に足をのばしてみることにしました。

憧れの公園とは、こちらの「あそぼん4」で紹介されている糸満の南浜公園。

本の中で、カラフルな遊具が写真いっぱいに紹介されているのが、ハルくんの目をひくようで、南浜公園のページを探して開いては「ここいきたい、あそびたい」とダダをこねるようにおねだりしてくるハルくん。いつか連れていってあげようと思いつつ実現していませんでした。

331号を糸満方面に南下。
新しい住宅エリアとして開拓が進む潮崎の海岸線沿いに公園が広がっていて、その一角に子供用の遊具がある公園が南浜公園。

最初、どこにあるのか迷ってしまったのですが、というのも広い公園の中で遊具がある南浜公園があまりにもこじんまりと小さなものだったから…

c0072734_1473243.jpg


こちらが、ハルくんが来たくて仕方なかった遊具。
正直、小さい子向けでハルくんには物足りない内容でした。
写真があまりにも遊具に寄って撮られていたので、全体のスケールがわからなかった。
ちょっと写真にだまされた感じかな。
ハルくんは、行きたかった公園がここだったことわかったかな・・・

c0072734_1473251.jpg


期待していただけに…という感想ですが、この潮崎の海岸線沿いの公園、広々としていて海も広く見渡せて、晴れていたら気持ちよさそう。夕日が格別なのだとか。

c0072734_1473211.jpg


少し遊んで早めに引きあげた私たちでした。
[PR]
by gooday1223 | 2009-11-23 23:47 | 沖縄暮らし | Comments(0)

鉄道番組

11月22日(日) その3

「おかあさんといっしょ」「いないいないばあ」と並んで大のお気に入りは鉄道物の番組です。

「えんしゃ(でんしゃ)えんしゃ(でんしゃ)」とリクエスト。

最近、繰り返し再生をリクエストするのは、「THE世界遺産~レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観」というスイスからイタリアにかけて走る鉄道(2008年に世界遺産に登録)を紹介する番組。

冬の銀世界の中を走る赤い車両。
美しい景色の連続。
じっとハルくんがテレビに集中していても気にならないいい番組です。

c0072734_111882.jpg


たまたま今はまっているのは、これだけど、電車が主役の番組ならなんでも釘づけのハルくん。

映像が奇麗な鉄道番組を録画して、たまに父と子で真剣に見入っている後姿が、ああ親子だなって感じで微笑ましいものがあります。
[PR]
by gooday1223 | 2009-11-22 23:59 | 沖縄暮らし | Comments(0)

沖縄工芸ふれあい広場

11月22日(日)  その2

壷屋陶器まつりの後、国際通りを歩いててんぷす館で行われていた沖縄工芸ふれあい広場に行ってみました。

沖縄の伝統工芸がブースを作って紹介されていて、なかなか面白かったです。

特に
読谷花織や与那国島の花織、首里織
八重山ミンサー、読谷ミンサー
喜如嘉の芭蕉布、苧麻を原料とした宮古上布、八重山上布
といった類似点のある工芸について、それぞれの特徴を見比べたりできたのがよかったです。

その後、中央ではファッションショーが行われるというので見てきました。

このファッションショー、それぞれの作品に関わった人が身につけて登場。

司会者がそれぞれの作品を作った人の思いを添えて紹介する中、気が恥ずかしそうに、赤い絨毯を歩くモデルさん、なんとも微笑ましいファッションショーでした。

c0072734_104633.jpg


紅型の華やかな振り袖。

c0072734_10463.jpg


紅型をあしらったドレス。

c0072734_104656.jpg


若い男性の紅型作家の卵も何人かいました。

c0072734_104665.jpg


家族や母子での登場もありました。

c0072734_10467.jpg


趣味として学ぶ人、プロを目指す人やプロとして活躍されている方まで同じ舞台でそれぞれの作品を自分で紹介する…舞台にたつ人たちの気持ちを想像してみていたら、ちょっと感動してしまいました。
[PR]
by gooday1223 | 2009-11-22 23:56 | 沖縄暮らし | Comments(0)

壷屋陶器まつり

11月22日(日)

3連休の間、壷屋小学校で行われている壷屋陶器まつりに行ってみました。

c0072734_0545441.jpg


窯元が直接お店を出しているので、市価より2~3割安くやちむんを買うことができるとのこと。
目が利けば掘り出し物がある可能性があるとは聞いていましたが、11月1日~3日の壷屋やちむん通り祭りで、いくつかやちむんを買っていたので、購買意欲がなかったのと、ハルくんの抱っこ抱っこ攻撃にあって落ち着いて見られず、今日はお買いものはなし。

c0072734_0545439.jpg


小学生が沖縄のやちむんについてのお話を聞いていたので、一緒に聞かせてもらいました。

c0072734_0545458.jpg


私がトイレに行っている間、とある窯元のテントでハルくんを見ていてもらいました。

c0072734_0545468.jpg


戻ってくると、ちゃっかり椅子に座ってクッキーを食べているハルくん。

会場では、壷屋小学校のPTAの方たちが出店を出していました。
その中に、児童館でご一緒の方が二人いて、私をみつけて呼び止めてくださいました。
それぞれのお店で焼き鳥とガーリックトーストをお付き合いで買って、ハルくんと一休み。

沖縄に来てから知り合った方に、ばったり会って呼び止められる(買ってねってことなんだけどね)… ささいなことですが、ちょっと嬉しかったです。
[PR]
by gooday1223 | 2009-11-22 23:54 | 沖縄暮らし | Comments(2)

読み聞かせ

11月21日(土) その2

午前中は、絵本の会に参加してきました。

10時過ぎに到着すると一番のり。
先生が玄関を掃いてお掃除をしていました。

ここは沖縄の古民家を利用した文庫。
80歳を過ぎた先生が集めた本が詰まった、家全体が本棚みたいなおうちです。

次第に親子が集まってきて、ぼちぼちと会がスタート。

今日は、小さな子供が多かったので、絵本や紙芝居も小さい子向けのものを読んでくださいました。

小さな子どもたちは、すぐにふらふらとおもちゃのほうに行ったり、気がちりがちなのですが、昨日は、ある車が出てくる物語(タイトル忘れた、今度確認してこよう)の読み聞かせが始まると、子供たち全員がすっ~と吸い込まれるように集中する時間がありました。
ほんの数分でしたが、とても充実した時間。

絵本の会が終わると浦添のぱんだこぱんだで友達と待ち合わせランチをしました。

ここは食事をしながら、子供たちを遊ばせることができるカフェ。

友達のRくんはハルくんより1歳年上、ちび助のハルくんのやることが面白いようで、ハルくんの真似をして、二人でケタケタ笑いながら遊んでいました。

ほとんど二人で遊んでくれていたので、私たちはコーヒーを飲みながらおしゃべりを楽しむことができてよかったのです。

最後のほうで「ママァ~」と私のところにやってきて手をひいて、「ここ」と床を叩いて、座れと合図するハルくん。

ゆっくりコーヒーを頂いたので、お付き合いしましょう、と言われた通り床に座ると、ハルくんが絵本を読み聞かせてくれました006.gif

c0072734_8363728.jpg


読み聞かせて見せてくれたのは、トミカのミニカーや電車の本。
私に見えるように本を構えて、1ページずつめくって見せてくれました。

c0072734_8363781.jpg


絵本の会でしてもらったことを真似してくれたのね。

ハルくんに本読んでもらえるなって、うれしかったです016.gif
[PR]
by gooday1223 | 2009-11-21 23:36 | 沖縄暮らし | Comments(0)

くれよんの塔

11月21日(土)

朝起きるとおもちゃ部屋に座りこみ黙々と一人遊びする時間があります。

今日も仕事に出たパパを見送って、静かに一人遊びするハルくん。

ブロックタイプのくれよんで塔を作っていました。

よくSくんや私と一緒に、積み木を同じように積み上げて遊んでいたのを思い出して、くれよんも積み上げてみたようです。

ひとつ積み上げるごとに、「おっ~」っていう表情をして、ひとりわくわくしながらやっている感じがおもしろい006.gif
c0072734_7223039.jpg


上のほうが崩れると、「わぁ~」と笑って「もういっかい」と人差し指を上に掲げるハルくん。
c0072734_7223067.jpg


たっぷり寝た朝は、ご機嫌に集中してひとり遊びしてくれる穏やかな時間です。
[PR]
by gooday1223 | 2009-11-21 23:22 | 沖縄暮らし | Comments(0)

おやすみの時間

11月20日(金) その3

毎日のことだけど、就寝の体制に入るまでのやりとりが難しい。
いつまでも遊びたいハルくんと、適度なところに切り上げて納得して寝てほしい私。

今日も寝る前に粘土遊びをするのだと、粘土や粘土板、食器に絵本を机に運び遊び始めたハルくん。

この時間からやるの…と思いつつ、少しお付き合いしましょうと一緒に楽しく遊びました。

「くだもの」の絵本にある果物を作ってというリクエストに応じてせっせと作る私。
こういうの結構好きなので、私も楽しい時間。

しかし、時計をみると8時45分。。

どうやってこの遊びを切り上げるかな…と頭の中で考えながら遊んでいました。

「さて、ねましょう」

なんて唐突に切り上げると、イヤイヤになるのは目に見えていて、その後の収拾がつかなくなる展開もよくあるので、ここは難しいところです。

そもそも、私が寝ましょうと言ったら寝ないといけない・・・という構図は、一理あっても、本人が納得して寝るためには客観的な要因があったほうがいいんだろうなと思っていた今日この頃。

急に思い立って一芝居うってみました。

「あれ、今何時?わぁ大変、もう少しで9時になっちゃうわね。ハルくん、ほら時計見て。短い針が9になっちゃうわよね、ほら9わかるでしょ。」

慌ててる私にびっくりした様子のハルくんは、時計を見上げてなんの話をしているんだといった感じ。

「ほら短い針が9になっちゃうわよね、ほら9、9になったら大変、もう寝ないといけない時間ね。あ~大変大変、急がないと」と大慌てな様子で話しかける私。

そしたら、「うん」と椅子から降りるので、「急ごう、急ごう」とせかせかしながら歯磨きをして「ちっち」というのでトイレにも行ったら9時5分。

「ちょっとすぎちゃったけど、間に合ってよかったね~みんなにばいばいしようね」と言うと、
おもちゃ箱にバイバイして、張り切って寝室に入って横になってくれたのでした。

自分の頭の中で時間を気にしていても、ハルくんに時間の話を具体的に話をしたことがなかったのですが、これからは少しそんな話もしながら「寝ないといけない時間」というのを認識できるようになればいいなぁなんて思った夜でした。
[PR]
by gooday1223 | 2009-11-20 23:56 | 沖縄暮らし | Comments(2)