にじいろ*スケッチ

<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

オリオンビアフェスタ in 新宿伊勢丹

ここ東京でも沖縄音楽の熱気を感じることができるイベントがあります。
毎年、新宿伊勢丹で開催されるオリオンビアフェスタ in 新宿伊勢丹
毎年行けているわけではないですが、今年は行ってきました(^^)

久しぶりに行った新宿伊勢丹の屋上。
綺麗に芝生が植えられ屋上緑化が施されて、気持ちがいい庭が出来ていました。

オリオンビールの販売所には長蛇の列。ビール日和でしたものね♪
6Fで開催されていた大沖縄展で食べ物を買ってきて、芝生の上のパラソルの下でオリオンビールを飲む!これは、沖縄好きならずとも、楽しいのではないでしょうか(^^)
c0072734_1332414.jpg



つづきを読む
[PR]
by gooday1223 | 2006-07-30 01:41 |    ★沖縄 | Comments(2)

無心になって

微々たる進捗だけど、記事に残しておこう・・・

まだまだハイペースな仕事の日々が続いていて、まったく平日は家に寝に帰るだけになってしまっています。昨夜は会社を出たのが夜中1時・・・ さすがに夕食を食べる気にもなれず、ざっとシャワーを浴びて、ちょっぴりブログをお散歩して、布団に飛び込みましたさ。そして目を覚ませば朝がやってくる。そして今日は夕方18:30からの会議は盛り上がり・・・ そのあとごたごたしてれば、今日も午前様。

あーん、もう自分だけのゆったりした時間が欲しいものだ。

早く寝ないといけないと思いつつ、意地でやりかけの刺繍を出してきて、ほんの15分だけ無心で刺しましたよ。
写真でいう黄色いステッチが今日の成果。まったくもって、成果が見えにくい図案だこと。
今の私に向いているのは、こういう風景画のステッチじゃなくって、サンプラー的なものなんでしょうね。こういう風景画は、時間がたっぷりある時に刺し進めるのがいいんだろうな。

そうなんです。もとより、こんなことしている場合じゃないんですよね。さっさと寝なさい!って感じですよね。でも、昨夜もそうだったけど、とにかく布団に入っても頭が活性化してしまって、なかなか寝付けないんです。

ほんの少し、無心になれる刺繍タイム。少し頭の沈静化になればいいのだけど・・・・

おやすみなさい☆

c0072734_1552172.jpg

[PR]
by gooday1223 | 2006-07-27 01:55 | 作 ★刺繍 | Comments(8)

2006GW 沖縄の旅 (8)  DIAMANTES Live! in 那覇ハーリー

またまた頓挫していたゴールデンウィークの沖縄旅行記のつづきでございます。

さて、沖縄2日目5/5は、朝から首里を散歩し那覇新港に移動して那覇ハーリーを見学しました・・・というところまで書きました。

さてさて、まだまだ那覇ハーリーです。
c0072734_23205445.jpg

この日の夜は、那覇ハーリー会場でDIAMANTESのライブがありました。
昨日のParsha cluBのライブに続き、この旅2つ目のお楽しみです。
17:30頃、本バーリーが終わると、DIAMANTESのライブがあるスペースに行って席とりをしました。ライブは19:30からなので、まだ2時間もあったのだけど、朝から歩き疲れてしまって、席とりしつつ休息をとりました。昔なら、もっと貪欲に2時間を惜しんで歩きまわったものですが、年を感じますね・・・・ それでも、Sくんと交代で那覇ハーリーの会場を見てまわりました。

屋台が軒を連ねすごい賑わいの中、「沖縄にプロバスケを!」のブースの前を通ると、署名を呼びかけていたので、よくわからず熱意に押されてブースに入り、一言メッセージをしたためてポラロイドカメラで写真を撮ってもらいました。後でネットで調べてみると「沖縄にプロバスケを!」というプロジェクト、昨年スタートしたプロバスケットボールリーグ(bjリーグ)に沖縄から新規参入しよう!という活動がおこっているようです。ブースの雰囲気といい、なんだか夢を実現させるパワーを感じました。bjリーグというのがあること自体知らなかった私ですが、沖縄からプロバスケチームが誕生できるよう応援しています。
c0072734_23532233.jpg

そうこうしているうちに、ライブ会場に動きが・・・
リハーサルが始まったのです。
これは予期していなかった嬉しい出来事です。
「Go Go Ahead!」を途中まで歌ってくれました(^^) 真ん中のピンクの花柄のシャツがアルベルトです♪
c0072734_2321891.jpg

リハーサルも終わり、夕暮れの時間に・・・ 人もぞくぞくと集まってきました。
c0072734_2321168.jpg

開始時間が近づいてきました。見渡すとすごい人だかり。
c0072734_23212416.jpg

そして始まりました!1曲目は「抱きしめたい」でした^^
DIAMANTESは、日系ペルー人3世のアルベルトを中心とした、沖縄とラテンのテイストがミックスした音楽のバンドです。踊りたくなるラテン系のものから、ロマンチックなバラードまでアルベルトの伸びやかな歌声で聴かせてくれて、それはそれは素敵なんですよ。
1曲目から前方でおじいさんが踊りだしていたのは、目だってましたが、ほんと子供からお年寄りまで、幅広く人気があるんですね。

私たちも久しぶりのDIAMANTESライブにノリノリで楽しんでいたのですが、途中でテレビ局の人が紙を持ってきて、何かと覗き込むと、「途中で撮影が入るので見づらくなると思いますが、すみません」といったことが書いてあります。えっ~って感じですが、一方的な話だったので仕方ありません。いつ邪魔が入るのかと思っていたら、最後のほうの「Go Go Ahead!」が始まると、へんなハッピを着た男の人と女の人が妙なテンションで目の前に現れて踊り始めたのです。カメラはこっちのほうを撮ってるし、私達は二人の妙なハッピを眺めながらのGo Go Ahead!ですよ・・・

ちょっと水をさされましたが、これを機に近くにいた子供たちもテンションが伝播して、立ち上がって踊り出していっそう盛り上がってきました。周りが立ち上がって踊りだすので、私達も立ち上がろうかと思って後ろを見ると、後ろにはおばあさんが座っていました。私達まで立つと、ほんと何も見えなくなってしまうな・・・と思い、ぐっと我慢。それでも、最後の1曲は、総立ちだったので、私達も立ち上がって盛り上がりましたよ~。肩車で盛り上がる人、台の上に上って踊る人、すごい熱気でした!楽しかった~。
c0072734_23213261.jpg

ライブが終わると、那覇ハーリー最後を飾る花火が打ち上げられました。
c0072734_23214016.jpg

花火が終わると、人の波に乗って帰路につきました。
夕食がまだだったので、国際通りまで歩き、タコライスを食べてホテルに戻りました。

<備忘録>
本日の曲名:

1. 抱きしめたい
2. Hey!ニーセーター
3. Cielito Lindo
4. Shining Road
5. 片手に三線を
6. 
7. 花祭
8. Mu-Cha-Cha-Cha
9. Go Go Ahead!
10.オキナワラティーナ
11.Contemos La Cancion DeLa Victoria
[PR]
by gooday1223 | 2006-07-18 00:43 |    ★沖縄 | Comments(4)

刺繍糸の整理

3連休 1日目は泥のように寝てしまいましたが、その反動から昨日の2日目は朝からマジメに家事をやりました。

普段後回しになりがちなマットレスも洗いましたよ。洗濯機では無理なので、バスタブにお湯をはって足で踏み踏み洗いましたが、う・・・・やっぱり日々の汗を吸っているだけあるわね。
冬場には、2日干しても乾かないのに、お昼前に干したら3時すぎにはカラッと乾いてくれました。その他、テーブルクロスや手洗いの洋服なども攻略して、すっきり。

そして少し暑さも和らいだ夕方から、ユザワヤにお出かけしてきました。
特にこれを買おうというものがあったわけではないのですが、色々と想像を膨らませながら店内を見てまわるのは楽しいものです。
そこで、昨日はこんなものを買ってきました。
c0072734_13574074.jpg

刺繍糸の整理って、みなさんどんなふうにされているのでしょう・・・
私は、こんなひどいありさま。赤系、緑系、青系でざっくり分けてある部分もありますが、そのほかは、ざっくり一山になってしまっていました。
c0072734_13592745.jpg

プラスチックケースとプラスチック製の糸巻紙100枚、糸巻取機が入っていて、刺繍糸を糸巻紙に巻き取って整理するというこのキット。
似たようなものをネットで見ていて気になっていましたが、刺繍糸のあの光沢のあるやわらかいかせが好きで、巻き取ってしまうのがもったいない気がして躊躇していたのですが、このままじゃいけないと思って整理することにしました。
c0072734_13593972.jpg

くるくる巻き取る作業。意外に時間がかかっちゃいました。
グラデーションに並べて、自分が何番の糸を持っているのかも、確認することができます。
これで同じ色を重複して買ってしまう失敗もないですね。
c0072734_13594617.jpg

作業の後は、大量のDMCのタグの山。
このトラディショナルなデザインが好き。捨ててしまうのはもったいないな・・・。
c0072734_13595471.jpg

[PR]
by gooday1223 | 2006-07-17 14:41 | 作 ★刺繍 | Comments(4)

疲労の連鎖を食い止めよう!

土曜日に美味しいフレンチを頂いたのは、遠い昔のよう・・・
11過ぎにへとへとで帰宅、お腹は空いていても台所に向き合う力が沸いてきません。
そんな夜が、今日で3日目。

地下鉄に揺られながら、体の栄養不足を感じ、なんだかこのままでは明日を元気に迎えられそうにない気が。空腹とかそういうレベルの問題ではなく、食生活の貧しさに心が荒む感じがしたのです。

この疲労感のリセットが必要!と思い、一人近所の料理屋さんに入ってしまいました。
ここは、メニューに金額が書いてないお店で普通に入るのはちょっと怖いのですが、23:30以降になると定額の「夜更かし定食」というメニューがあって、普通の定食屋に比べたら、ちょっと贅沢なお値段ですが、丁寧な料理を出してくれます。
時計を見ると23:40、「夜更かし定食」が食べられる時間だわ! ということで、一人で入るのは初めてで、少し躊躇しましたが、えいやーっと入ってしまいました。

 - 小松菜のおひたし
 - わかさぎの南蛮漬け
 - 茄子の揚げびたし
 - 湯葉入りの茶碗蒸し
 - 根菜のお味噌汁
 - 紅鮭
 - 白米

平日の夜の一人外食にしては、ちょっと贅沢だった気がしますが、今日はこういう贅沢が私には必要だったの・・・と自分では納得しています。

気になるのはSくん。
Sくんの仕事のペースと私のペースが入れ違いで、まともに食生活のフォローができてない悪妻です。

お腹も気持ちも充電されて家に帰ると、不思議とやる気が沸いてきて、24:30から深夜のロールキャベツ作りにとりかかりました。
今晩作っておけば、明日Sくんが一人の時に食べてもらってもいいし、私もロールキャベツを楽しみに帰宅することができます。

これを機に、翌日の料理を前日に作っておくというスタイルになれば、今日の贅沢も安いものですな。

c0072734_331060.jpg

[PR]
by gooday1223 | 2006-07-05 02:34 | 食 ☆クッキング | Comments(2)

感動の再会

1週間ちょっと前、我が家に思いがけない電話がかかってきました。(電話をとったのはSくん)

○○警察ですが、盗難届の出ている○○さんの自転車が見つかりました。
○○警察まで引き取りにきてください。

電話をとったSくん、最初なんのことを言っているのか、ぴんとこなかったそう。
で、よくよく思い返してみると、約4年程前、千葉で暮らしていた頃盗まれた自転車のことを思い出しました。

結婚してから、Sくんの仕事の都合で千葉で生活をスタートさせた私達。千葉にいる1年半の間に、盗まれた自転車が3台、サドルが1つ。このサドルの盗難にはあきれました。ジャスコで1万円でかった自転車のサドルだったんだけど、駐輪場にあるたくさんの自転車の中から、なんであのサドルが選ばれたのかとっても不可解。

どうやら、その中の1台の自転車が、約4年の年月を経て発見されたようなのです。

とはいっても、既にいなくなったと思って、我が家には2台の自転車がやってきていて、駐輪場も2台分しか契約していない。彼が戻ってきても、置いておいてあげる場所がないのですが、どんな目にあったのかわからないですが、うちに戻ってきたがっている子を見捨てるわけにはいかない・・・ということで、土曜日、実家の車を借りて、引き取りに行ってきました。

さて、感動のご対面。

c0072734_22352257.jpg


4年ぶりの再会。車体には、マジックで「鈴木」と書かれ、チェーンの鍵まで付けられていました。状態は思ったよりもよくって、鈴木さんちで可愛がられていたのでしょうか。
それにしても、人の自転車を盗んでおきながら、自分の名前を書いて、盗まれないようにとチェーンまでつけて、堂々と自分のものにしてしまう神経は信じられませんね。
「鈴木」の文字さえ消してしまえば、まだまだ十分乗れそうですが、我が家は足りてしまってるし、里親探しをしないといけませんね。

今回は、自転車を引き取りに行くのを口実に、千葉時代に私達のお気に入りだった。シェケンというフレンチのレストランに行ってきました。特に、ここのテリーヌは素晴らしく、フォアグラのテリーヌなどは最高です。なんでも、ここのテリーヌは、帝国ホテルをはじめ、東京の一流ホテルに卸されているということで、ほんと隠れた名店だと思います。千葉時代、記念日に何度か訪れましたが、最後は千葉生活最終日、引越しのトラックが行ってしまった後、千葉生活の最後の最後の約2時間、このお店で食事をしたのは、忘れられない思い出です。

千葉は、結婚して初めて2人で生活を始めた土地。
まったく土地感のないところで、初めて実家を出て暮らしたというのもあって、たった1年半だったけど、とっても濃厚な日々だったような気がします。
当時は、土地感ない場所での生活だし、通勤には時間かかるし、とにかく必死でブルーになるときもありました。

そんな何もかもが新鮮で一生懸命だった頃を過ごした千葉は、私達にとって大切な思い出の地になっています。たまに口実を見つけては、千葉に行きたくなるんですよね。
[PR]
by gooday1223 | 2006-07-03 02:12 | 日々 | Comments(4)

7:3の生活

ご無沙汰しておりました。とても久しぶりの投稿になってしまいました。

相変わらず元気にやってますが、仕事のほうで私の先輩(上司)が退職するということで、彼女の仕事をごっそり引き継ぐことになり、怒涛の引継ぎ月間を送っておりました。

ちょっと愚痴っぽいのですが、悪しからず・・・
[PR]
by gooday1223 | 2006-07-03 01:27 | 日々 | Comments(6)