にじいろ*スケッチ

カテゴリ:日々( 31 )

感動の再会

1週間ちょっと前、我が家に思いがけない電話がかかってきました。(電話をとったのはSくん)

○○警察ですが、盗難届の出ている○○さんの自転車が見つかりました。
○○警察まで引き取りにきてください。

電話をとったSくん、最初なんのことを言っているのか、ぴんとこなかったそう。
で、よくよく思い返してみると、約4年程前、千葉で暮らしていた頃盗まれた自転車のことを思い出しました。

結婚してから、Sくんの仕事の都合で千葉で生活をスタートさせた私達。千葉にいる1年半の間に、盗まれた自転車が3台、サドルが1つ。このサドルの盗難にはあきれました。ジャスコで1万円でかった自転車のサドルだったんだけど、駐輪場にあるたくさんの自転車の中から、なんであのサドルが選ばれたのかとっても不可解。

どうやら、その中の1台の自転車が、約4年の年月を経て発見されたようなのです。

とはいっても、既にいなくなったと思って、我が家には2台の自転車がやってきていて、駐輪場も2台分しか契約していない。彼が戻ってきても、置いておいてあげる場所がないのですが、どんな目にあったのかわからないですが、うちに戻ってきたがっている子を見捨てるわけにはいかない・・・ということで、土曜日、実家の車を借りて、引き取りに行ってきました。

さて、感動のご対面。

c0072734_22352257.jpg


4年ぶりの再会。車体には、マジックで「鈴木」と書かれ、チェーンの鍵まで付けられていました。状態は思ったよりもよくって、鈴木さんちで可愛がられていたのでしょうか。
それにしても、人の自転車を盗んでおきながら、自分の名前を書いて、盗まれないようにとチェーンまでつけて、堂々と自分のものにしてしまう神経は信じられませんね。
「鈴木」の文字さえ消してしまえば、まだまだ十分乗れそうですが、我が家は足りてしまってるし、里親探しをしないといけませんね。

今回は、自転車を引き取りに行くのを口実に、千葉時代に私達のお気に入りだった。シェケンというフレンチのレストランに行ってきました。特に、ここのテリーヌは素晴らしく、フォアグラのテリーヌなどは最高です。なんでも、ここのテリーヌは、帝国ホテルをはじめ、東京の一流ホテルに卸されているということで、ほんと隠れた名店だと思います。千葉時代、記念日に何度か訪れましたが、最後は千葉生活最終日、引越しのトラックが行ってしまった後、千葉生活の最後の最後の約2時間、このお店で食事をしたのは、忘れられない思い出です。

千葉は、結婚して初めて2人で生活を始めた土地。
まったく土地感のないところで、初めて実家を出て暮らしたというのもあって、たった1年半だったけど、とっても濃厚な日々だったような気がします。
当時は、土地感ない場所での生活だし、通勤には時間かかるし、とにかく必死でブルーになるときもありました。

そんな何もかもが新鮮で一生懸命だった頃を過ごした千葉は、私達にとって大切な思い出の地になっています。たまに口実を見つけては、千葉に行きたくなるんですよね。
[PR]
by gooday1223 | 2006-07-03 02:12 | 日々 | Comments(4)

7:3の生活

ご無沙汰しておりました。とても久しぶりの投稿になってしまいました。

相変わらず元気にやってますが、仕事のほうで私の先輩(上司)が退職するということで、彼女の仕事をごっそり引き継ぐことになり、怒涛の引継ぎ月間を送っておりました。

ちょっと愚痴っぽいのですが、悪しからず・・・
[PR]
by gooday1223 | 2006-07-03 01:27 | 日々 | Comments(6)

見た人はすぐやるバトン

hinanoさんのところで「見た人はすぐやるバトン」というバトンを見てしまった・・・

ということで、初心者でも出来そうな感じなので、初めてのバトン体験にドキドキしつつ、やってみました(^^)

読んでみますか?
[PR]
by gooday1223 | 2006-05-02 02:07 | 日々 | Comments(4)

ダ・ヴィンチ・コード

昨年の夏頃からだったでしょうか・・・・図書館の予約待ち260番目からスタートした「ダ・ヴィンチ・コード」、いよいよ私の番にまわってきました。

というのも2週間前の話。

当時、仕事は終電続きの忙しいモードで、そのとき読んでた「はてしない物語」を読む時間で精一杯だっていうのに、よりによってこんな時に、それも他に予約していた本が同時に5冊も順番が巡ってきちゃって、もう、てんやわんや。

とにかく先週、「はてしない物語」が終わって、すぐに「ダ・ヴィンチ・コード」に取り掛かりました。
ここで中途半端に諦めてしまうのは、悔しい~ので、1週間かけて読みきりました・・・
平日はちょびちょび。先週の日曜日は近所のスタバで3時間、昨日の日曜日はモスバーガーで3時間、居座って、夏休み終了間際の読書感想文を書かなきゃいけない子供の気分でした。

「ダ・ヴィンチ・コード」もう読まれた方も多いかと思いますが、読み始めたらやめられない止まらない、とっても面白かったです!!
地名や組織名など実名が、ほとんどのようですが、キリスト教やヨーロッパの歴史に詳しいと、もっと面白いのかな。本は図書館に返してしまったけど、文庫が出たみたいだから、買って、もう一度読んでみようかと思います。ダ・ヴィンチ・コードに出てくる場所をめぐる旅なんていうのも流行っているとか?

とりあえず5/20から映画も始まりますね。観にいかなくては。
でもラングドン教授は、トム・ハンクスじゃないと思うんだけどな・・・
ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダン・ブラウン 越前 敏弥 / 角川書店
スコア選択: ★★★★★
[PR]
by gooday1223 | 2006-05-02 01:22 | 日々 | Comments(2)

ボーリング決戦 + 映画「タイフーン」

昨年の9月、約束をしていたボーリング決戦、急な仕事で流れたまま半年が経過してしまっていましたが、4月29日、ついに決戦となりました。

私達夫婦 VS Sくんの会社の同僚とその彼

3時に品川プリンスに待ち合わせるも、あいにくの雨模様とゴールデンウィーク初日とあってか、ボーリング場は大変な混みよう。2時間半待ちです。
そこで、2時間半なら映画がちょうど観られるのでは・・・と品川プリンスの映画館で、急遽映画を観ることになりました。

観たのは韓国映画「タイフーン」。(ちょっぴりネタバレありです。)
幼少期家族と脱北を試みるが南朝鮮に拒まれ北挑戦に連れ戻され、両親を目の前で虐殺され姉と二人生き残り、その姉とも生き別れてしまい、韓国に復讐心を煮えたぎらせる青年をチャン・ドンゴンが、韓国への忠誠心を誓う軍人をカン・セジョンが演じています。
チャン・ドンゴンの韓国への復讐の実行をカン・セジョンが阻止するというストーリー。
冒頭からよくわからないうちに、激しい戦闘場面に次々と人が殺される場面は、ほとんど目を開けることができませんでした。どんなジェットコースターよりも、ああいう場面は本当に苦手です。
最初は後悔しつつも、だんだんとストーリーが見えてきたら、引き込まれていきました。
所謂悪人役のチャン・ドンゴンですが、ストーリーが進むにつれ、その背景を知るにつれ、辛い歴史に切なくさせられ、悪人を悪人で終わらせないところがよかったです。
なかなか、こういう戦闘シーンがあるような映画って、自ら進んで観にいったりしないので、観終えてすごい達成感がありました。 

映画が終わって、すぐにボーリング場に行って、3ゲーム。
4人とも、なかなかいい勝負で、1投毎大騒ぎで喉が枯れ、疲れ果てました・・・ 
ちなみに、私の最高スコアは113。相変わらずのレベルです^^;

その後、恵比寿に移動し、韓国料理ソナムで食事をしました。
Sくんの同僚は、とっても痛快で素敵な人。笑いが止まらない会話で、ほんと楽しかったです。第2回もあるといいなぁ・・・
[PR]
by gooday1223 | 2006-05-01 14:43 | 日々 | Comments(2)

はてしない物語

ナルニア国物語が映画化されて、観に行こうかな~と思いつつ、まだ観に行けてません。
「やっぱり本のほうが面白いかも」なんて感想があちこちから聞こえてきたりして、なんだか自分の頭の中に描いたナルニア国物語の想像とのギャップにがっくりしたくないような、でも観ておきたいような・・・ 

とまぁ、ナルニア国物語の話題に触発されまして、子供の頃読みそこなった「はてしない物語」を手にとってみました。
通勤電車の中と寝る前のベッドの中、すごく小刻みに読み進めて、なんとか読み終えましたが、楽しかった~~。それはそれは壮大なファンタジー。素直に楽しめました。
でも、作者の意図のようなものをついつい勘ぐってしまうのは、大人になってしまったからでしょうか。
はてしない物語
ミヒャエル・エンデ 上田 真而子 佐藤 真理子 Michael Ende / 岩波書店
スコア選択: ★★★★★
[PR]
by gooday1223 | 2006-05-01 02:28 | 日々 | Comments(2)

美味しいカレー

c0072734_23453146.jpg久しぶりに午前様してしまった金曜日。
夕食どうしよ・・・と、とぼとぼ会社を後にし、休みのはずのSくんに電話すると、ぼそっと、夕食あるよ、の一言。
期待していなかったから、予想外のその一言がいっそう嬉しかった!

家で待っていたのはSくん特製のキーマカレーでした。
Sくんの料理は、一つ一つレシピに忠実に丁寧に作るからか、実は結構美味しい。
カレーに失敗はあまりない気もするけど、でも、自分が作るカレーより美味しく感じるのは、作ってくれたカレーだからかしら?

それにしても、24時過ぎのカレー、明らかに身体によろしくないですな。
[PR]
by gooday1223 | 2006-04-09 23:58 | 日々 | Comments(8)

春らしく・・・

c0072734_23335576.jpgお花見らしいお花見は、まだできていないのですが・・・なんて言っているうちに、東京の桜は、はらはらと散り始めているのでしょうか?
少しは春らしい記事をと、先週日曜日、外出のついでに千鳥が淵に立ち寄った時の桜の写真を載せておきましょう。

まさに満開、一番の見ごろの週末だったのでしょう。
美しい桜のアーチの下、そこかしこで歓声があがってました。

この日は、先を急いでいたので、ゆっくり桜を愛でる・・・とはいきませんでしたが、なんとか今週末は、どこかでお花見を楽しみたいです♪

c0072734_23341072.jpg

[PR]
by gooday1223 | 2006-04-05 23:44 | 日々 | Comments(6)

これで一つストレス解消

c0072734_0114765.jpg町歩きをしていて、毎日のちょっとしたストレスをすっきりさせてくれるグッズを発見。
一瞬、排水溝の蓋を連想させるこれ。タオルホルダー。

うちの台所、リビングから丸見えというのもあって、いわゆるフキン掛けをつけるのを渋っていたんです。狭い台所だと、フキン掛けで視界に影ができて暗くなる気もしましたし。
でも、するとフキンの居場所がないってことで、いつもテキトーにポイッってされているフキンが気になっていました。まぁ、洗った食器は自然乾燥がほとんどだし・・・フキンってあまり使わないし・・・でも、そうはいっても、明らかに衛生的にもよい状況とはいえないですよねー。これって。
そんな慢性的な課題となっていた、我が家のフキン問題。
これが解決してくれました。

c0072734_0104750.jpgこのタオルホルダーは画期的! 壁にペタっとつけて。


c0072734_010572.jpgフキン(タオル)を真ん中の穴に押し込むだけで、ピタッと押さえてくれます。
いかにもフキン掛けってかんじゃないところが気に入った。



504円で一つストレス解消できました。
これっというものに出会えて、今まで妥協しなかった甲斐がありました。(明らかに大げさ)

帰ってきてネットで調べてみました。↓
DALTON  TOWEL HOLDER
[PR]
by gooday1223 | 2006-02-26 00:51 | 日々 | Comments(6)

魔女の一撃

c0072734_0222064.jpg魔女の一撃に遭いました。

私ではなくSくんですが。

日曜日の夜、私が夕食を作っている間、掃除機をかけていてくれていたSくんですが、
廊下のほうから掃除機のウォーンという音が聞こえていたかと思ったら、Sくんのうめき声が聞こえてきました。
あらあら、角に小指とかぶつけたかな?なんて思って、覗きこむと、床に沈みこんでいるSくんが。

「動けない・・・・」

どうやら、ぎっくりいっちゃったみたいなんです。

なんとか這いつくばって横になれるところに移動しましたが、
そこからは、起き上がるのも二足歩行も困難な状態となってしまわれたのです。

Sくんは、月曜日から仕方なく仕事をお休みさせてもらってます。
火曜日の今日は、そろりそろりと歩けるようになりましたが、社会復帰にはもうしばらく時間がかかるのかな。

私も実は経験ありますが、ぎっくり腰って本当に激痛で、自分の体が自分の意思でどうにも動かせなくなるんですよね。痛いわ、力は入らないわって、もうどうしようもない状況・・・

今回は同居人の事故ということで、私も肩を貸してあげたりして体を支えてあげようと試みましたが、まぁ力の入らない人の体は岩のようですわね、私がぎっくりいってしまいそうでした。プチ介護体験。やっぱりお互い健康でないと楽しくないわね・・・としみじみ。

今回初めて魔女の一撃に見舞われたSくんですが、
「人生観が変った」「なんて自分は無力なんだ」と申しております。

魔女の一撃、恐ろしゅうこざいます。


そうそう、魔女の一撃とは、ドイツ語でぎっくり腰のことを言うそうです^^
[PR]
by gooday1223 | 2006-02-22 01:01 | 日々 | Comments(8)