にじいろ*スケッチ

カテゴリ:日々( 31 )

はるくん 乳歯が抜ける

はるくん、初めて乳歯が抜けました!下の左の前歯です。

友達は幼稚園の年中さん頃から、ちらほら抜け始め、、、たぶん殆どの友達は乳歯が生え変わっていると思われる2年生の今頃です。

「ぼくは、いつ歯が抜けるんだろう??」

密かに気にしていたはるくん、歯がグラグラしてきたら、いよいよだと楽しみにしていたみたい。

年長さんの時に、遊具の太鼓橋から落ちて鼻を打った時にとったMRIの画像で、永久歯がちゃんと準備されているのを確認できていたので、あまり心配していなかった私ですが、本人としてはドキドキ心配なものですね。
永久に使う歯は、なるべく温存しておいたほうがいいのよ、なんて、はるくんの心配が深刻にならないように適当に取り合っていました。

「いつ抜けたの?」

の問いに、

「休み時間に鬼ごっこして、走っていたら唇の裏に何かあるなと思ったら、歯が抜けていたの。保健室に行ったら、歯を袋に入れてくれた」

といって、抜けた歯を見せてくれました。

真っ白で小さな綺麗な歯でした。

スイミングの帰り道に、「歯の妖精」について、ちらっと話してみました。

「ママが歯が抜けた時は、枕の下に歯を置いておいたら、歯の妖精が来てくれて、次の日の朝プレゼントが置いてあったのよ。 もううん十年も前のことだからね~ 今も歯の妖精っているのかしらね? はるくん、枕の下に置いて寝てみたら?」 って。

寝る前に

「ママが変は話するから寝れないよ・・・」と言いながらも、枕の下に抜けた乳歯を置いて寝ました。

さて、明日の朝、歯の妖精はやってくるのかな?

まだまだ、親としてこんな物語ができることが幸せですね。
[PR]
by gooday1223 | 2015-06-11 02:19 | 日々 | Comments(0)

ギンバイカ

昨年10月末に引っ越して、狭いながら少し地植えができるスペースができました。

2月初旬に、予ねてより憧れていたお花屋さん相談して、土を入れ替えいくつかの植物を植えてもらいました。
自分でやってできないことはないことだと思いましたが、一からやるには、数年越しになりそうだったので、ここは思い切って、ある程度はお願いすることに。

春めき出すころから、入れ替わり立ち代わり、次々といろいろな花が咲いて毎朝外に出るのがとても楽しみです。

ずっと可愛い小さな白いボールのような蕾をつけていたギンバイカ。
昨日、気が付いたら、ぱっと花が咲いていました。

なんて繊細な綺麗な花でしょう。蕾も期待感たっぷりでよかったけど、お花もやっぱりいいですね。

c0072734_144449.jpg


アガパンサスも、ようやく蕾から花が溢れだしてきました。
咲ききるまで、あと少しです。

c0072734_15211.jpg

[PR]
by gooday1223 | 2015-06-11 01:05 | 日々 | Comments(0)

歩くんに新しい靴

水曜日は、午前中は歩くんを近くの保育園の泥んこ遊びにつれて行ってあげ、
はるくんが帰ってきたらおやつを食べて、はるくんのスイミングに出発 とちょっぴり盛りだくさん。

スイミング、近所なら、はるくん一人でいってらっしゃい!なのですが、電車でその電車も行先がいろいろあって、間違えるととんでもないところに連れていかれるので、一人でとはなかなかいかない。
歩くんが、まだベビーの頃はベビーカーで行けたらから、まだ頑張れたけど、最近の歩くんは大人しくベビーカーに乗ってくれるとは限らず、それはもう送り迎えだけで、私は毎週精根尽き果てる。

今日は、抱っこの歩が寝てしまったので、スイミングの最寄の駅まで一緒に行って、眠ってしまった歩くんを抱えて、ミスドでお茶をして待つことにした。歩く距離が少し減っただけで、だいぶ体力温存できた感じがする。
目を覚ました歩くんに、ポンデリングのドーナツを一つ買ってあげて一緒にお茶をしたけど、食べ終わったらお店を出たがるので、仕方なくはるくんのいるスイミングに向かって歩き始めた。

途中、カラオケ屋さんのドラえもんののぼりに足を止め、パチンコ屋さんの入口からキラキラした店内に釘付けで中に入りたいと粘られ、やっと20mくらい歩いたところにあったABCマートまで引き付けて、思いつきで、歩くんの夏用のメッシュタイプの靴を買ってあげた。
歩くんの最近の着るものへのこだわりは、まさに2歳特有なのか、着たくないものは絶対着たくなし、気に入ったものは、脱ぎたくない。 今履いているサンダルも、昨夏から履いているもので、底のゴムが剥がれてくるほどのボロ靴になっていて、恥ずかしくなることもしばしばでした。
ほんとはゴールデンウィーク頃に、カッコいいスニーカーを買ってあげたのだから、こちらを履いて欲しいのだけど、とにかくこのオンボロサンダルがお気に入り。
スニーカーがダメでも、もう少しましなサンダルを履いて欲しくて、似たようなサンダルを試着させてあげたら、歩くんたら、大喜びで、お会計前なのに脱ぎたがらないくらい。
店員さんに、履いたままお会計してもらって、そのまま履いて帰ってきました。

履いてお店から出てきた時の、歩くんの嬉しそうな顔ったら。
ちょうどカメラを首にかけていたので、いい顔が撮れました。

何かと写真が少なくなりがりな歩くん。こんな普段の一瞬をなるべくこまめに記録しておきたいな、と思いました。

そうそう、このはるくんのスイミング通い、幼稚園の頃から、ほぼ私の意地で続けてきたけど、やはりかなり無理がある。
学校で疲れて帰ってくるはるくんにとっても、眠い時間にお付き合いで外出することにある歩くんにとっても・・・
ということで、思い切って6月で退会。 
これまで、便利とは言えない道のりを頑張って連れてきた私にとっては、今まではなんだったんだ・・・なのだけど、もう少し便利なスイミングスクールに移ることにします。ほんとは、もっと前に近いスイミングスクールに移るのが妥当だったんだけど、はるくんの今のスクールへのこだわりに付き合って続けてきました。
でも、最近になって、移ってもいいよ、って。 ドキドキすることに挑戦できるようになってきたのが、頼もしいです。
[PR]
by gooday1223 | 2015-06-11 00:43 | 日々 | Comments(0)

富士サファリパークへ

いったい何年ぶりのブログ更新でしょう。

はるくんは来週で8歳、小学校2年生になりました。
そして一つ前の記事ではお腹の中にいたベビー、あゆむくんは2歳4カ月になりました。

昨日は、はるくんの小学校の運動会。
旗をもったダンス、大玉ころがし、80m走、リレー と出場。
誰に似たのか、意外にも足が速いことになってるはるくん。
昨年に続き、今年もリレーの選手に選ばれて、応援する家族の楽しみがひとつ増えました。
80m走も男子最終グループで走って2位。なかなかのものです。
けっして軽やかな走りではなく、早そうな雰囲気はないのですが、パワフルに地面を踏みこんでガンガン走っていくタイプ。6年のうちに他の子に抜かされそうな予感なので、今のうちだけの楽しみのような気がします。

そして歩くんも、今年は未就学児のかけっこに参加してきました。
15mくらいかな?よーいどん!でゴールテープをめがけて走るというものでした。
前のお友達のやることを見て、なんとかスタートはきったものの、途中で足が止まっちゃったあゆむくん。
先生に手を引かれてゴールにたどり着くことができました。
参加賞の折り紙をもらって、とっても嬉しそうでした。
お気に入りの、江ノ電バッグ(かばん と微妙に判別できる感じでよんでます)に折り紙を入れて、大事に持ち帰りました。

今日6月8日(月)は振替休日ということで、家族で富士サファリパークに行ってきました。
足柄サービスエリアで、簡単に昼食をとってサファリパークへ。
13:30のサイバスに乗って、サファリゾーンをみてまわりました。

あゆむくんは、いろんな動物のかたちをしたバスを目にして大喜びで、乗るんだ!とバスのほうにかけよって行ってました。
ちょうど、本人も好きな「サイ」のバスの出発が近かったので、それに乗れてよかった。
ライオンや熊、ラクダに餌やりをできるのが、はるくんは嬉しかったようで、
乗車中も「今日はいい一日だ~」とつぶやいていました。
あゆむくんは、ライオンの餌やりはちょっと迫力がありすぎたようで、途中で「バイバイ バイバイ」とライオンにサヨナラをいっていました。

サファリゾーンの後は、ふれあいゾーンへ。
カンガルーやうまに餌やりをしました。
あゆむくん、馬に餌やりを一人でやりたいと思って、人参の入ったカップを抱えてはるくんに渡さないものの、やっぱり勇気がでなくて馬に近づけない様子。
一生懸命葛藤している様子が可愛かった。そして、少し手をかしてあげつつも、なんとか人参をトングではさんで馬の口元にもっていくことに成功。馬が食べてくれて、嬉しそう。
「やったね~ すごい、自分でできたね~!」といっぱい褒めてあげたら、ニコッと嬉しそうな表情が印象的。忘れないでおきたい一瞬でした。
そして、忘れてはいけないのは、はるくんのお兄ちゃんぷり。
歩くんが人参を抱えているときも、忍耐強く歩くんが自分でできるのを待ってあげているのです。
「大丈夫だよ~ 怖くないよ~」って声をかけてあげながらね。

最後に、レンタカーでもう一度サファリゾーンに入って動物をゆっくりまじかで見物。
はるくんにビデオを任せたら、しっかりナレーションつきで撮ってくれました。
これがまた面白い! 動物の映像なんて撮っても、意外と後で見ないんじゃない、と思っていたけど、
はるくんのナレーションつきとなれば、これはスペシャルな思い出の動画になったんじゃないかと
思います。

さて、大満足で家に帰ってきたけど、夜中に歩くん嘔吐・・・
流行中の胃腸炎、どこかでひろっちゃったかな。
[PR]
by gooday1223 | 2015-06-09 02:57 | 日々 | Comments(0)

クリスマスプレゼント交換

ハルくんの通う幼稚園はプロテスタント幼稚園で、12月の半ばにクリスマス礼拝としてペイジェント、そして親子で手作りプレゼントの交換があります。

昨年は、ハルくんの旅行で乗った乗り物写真のキューブパズルを作って、これが大好評でした。

今でも、「ぼくのたからもの」と評して、たまに出してきてやってるハルくん。
電車と写真とる度に、「パズルにしてね」といいます。

さて今年はどうしようか、夏の終わり頃からぼんやり頭の中で考えていたのですが、写真整理をしてる中で思い付いたプレゼント。

はるくんの産まれてからの絵本を作ってみたいと思いました。

イメージは、イラストと写真のコラボレーション。でも絵心ゼロなので、スクラップブックみたいな感じになりました。

まず最初のページ。

c0072734_0235244.jpg


はるくんにとって“目次”は大切なページです。

そして中は…

c0072734_0241823.jpg

c0072734_0261649.jpg

c0072734_0271384.jpg

c0072734_0274175.jpg

c0072734_0271836.jpg

c0072734_0285271.jpg


作ってるうちに、ただスクラップブックみたいにしてるだけでは、ハルくんのプレゼントらしくないなぁというモヤモヤ感が。

ということで、最後はハルくんクイズコーナーを作ってみました。

c0072734_0292836.jpg


すべてで38ページの我ながら大作となりました。

ベースは無印の増えるアルバムを使いました。で、表紙はカルトナージュ的に布でくるんでみました。

c0072734_033475.jpg


プレゼント交換、昨年のパズルがヒットした分、「今年はどんなおもちゃを作ってるの?」とおもちゃ前提のコメントがハルくんがでるなど、反応は覚悟して臨んだクリスマス礼拝。

クラスで、まず我が子から手作りプレゼントを目をつむってもらいます。

その後、親から我が子へプレゼントを渡します。

ウルトラマンの変身ベルトやビー玉迷路を貰う子、女の子は可愛いアクセサリーやカチューシャ、ぬいぐるみなどが多かったかな。

さてハルくんの反応はといえば、意外と悪くなかったのです。

貰って早速広げて見始めると、仲良しの男の子の友達が集まってきて、一緒に見始め、沖縄時代の写真など、自分の身に覚えのある写真を嬉しそうに友達に説明してました。
「ぼくこれきにいった」の嬉しいコメントをもらいましたよ。

そして、数日後クリスマス礼拝の話をしてたときには、「ママ、にじゅうまる」とほっぺににじゅうまるをくれたハルくん。(ごはんを全部食べたり、何かほめてあげるとき、よくにじゅうまるをほっぺに書いてあげるのです)「どうして?」と聞くと、「ママ、上手にプレゼント作ってくれてありがとう。」と「ありがとう」のコメントが。

それからさらに数日たったふとしたきっかけに、「来年はおもちゃとかでもいいなぁ」と言っていたハルくん。そういう気持ちもあったんでしょうね…
でも、自分も幼稚園でママに秘密でプレゼントを準備してくれた経験から、心を込めて作ってくれたものへの感謝の気持ちを大事にすることを自然と感じて表現してくれることが嬉しかったです。

ハルくんからのプレゼントは、素敵なリース。

c0072734_0505943.jpg


「ママのたからものだわ」

とこれでもかと喜んでみせると、本当に嬉しそうなハルくん。

手作りプレゼント交換とは、親にとってはプレッシャーな行事ですが、なんともいえない温かい気持ちにさせてくれる素敵な機会を提案してくれる幼稚園に感謝です。

もうすぐ産まれる赤ちゃんの話と自分の赤ちゃん時代の写真を見ながら私たちから話を聞くときのハルくんは嬉しそうです。
アルバム絵本大事にしてくれそうで、良かったです。
[PR]
by gooday1223 | 2012-12-30 00:15 | 日々 | Comments(0)

アルバム整理 その2

アルバム整理、インデックス写真集と平行して作ったのは、厳選アルバム。

無印の256枚入るポケットアルバム一冊に一年分の写真をおさめました。

ルールはぜったい一冊に納めること。
12ヶ月で割って、一ヶ月あたり何枚入れられるか計算。旅行にいった月とかはどうしても枚数は増えるので、月ごと融通しあって枚数を決めました。

この方法を紹介していた方のアイディアは、毎月の出来事を書く紙を1ポケットずつ用意すること。

育児日誌は無理でも、月単位ならどうにかなりそうです。でもさすがに5年分… こちらはこれから作業ですが、なかなか難航しそうです。
でもどんどん忘れてしまいそうなので、今できる範囲で書き留める作業やりたいと思います。

c0072734_013063.jpg


表紙はその年の家族写真のベストショットを大きくプリントして黒い紙に貼っていれました。

c0072734_0143168.jpg



この方法で来年からも続けていきたいと思います。
[PR]
by gooday1223 | 2012-12-30 00:01 | 日々 | Comments(0)

アルバム整理 その1

出産準備の一貫として、ハルくんが産まれてからの写真の整理、というのがまずありました。

どういうふうに整理するか、この5年方針が定まらずにいたのですが、そうもいってられない局面となり、色々ネットで情報収集。

自分的にしっくりくる方法に出会い、早速とりかかったのは数ヵ月前。

黙々と数万枚の写真データと向き合い、なんとか形になりました。

まず一年一冊のインデックス写真集。

c0072734_23513429.jpg


表紙には、一年の出来事を月単位で箇条書き。

c0072734_23531246.jpg


中身はこんな感じ。

これだけ小さいと、L 版で焼くほどじゃない写真も心置きなく入れられます。

データ集として割りきって、撮影日時も入れてもらいました。

ゆくゆくは、ここからテーマを絞ってアルバム作りできたらいいなぁ。

最後のページにはCD を入れる袋をつけてくれるので、データも取り出しくなりました。

もうひとつ別バージョンのアルバムも作ったのですが、こちらはまた写真にとって載せることにします。
[PR]
by gooday1223 | 2012-12-29 23:51 | 日々 | Comments(0)

朝の時間

毎朝、親よりも早く目を覚ましてリビングで一人時間を堪能しているハルくん。

私が目覚めてぼんやり寝ぼけた意識の中で、隣の部屋から念仏のように駅名を唱えるハルくんの声が聞こえてくることもしばしば。

電車好きといっても、いろんなジャンルがあるようで、プラレールのようなおもちゃを黙々と走らせるタイプや、電車を見に行きたいタイプ、電車に乗りたいタイプ…
そして地図や路線図にはまるタイプ。

ハルくんは、どうやら一番最後のタイプのようです。

地下鉄でフリーでもらえる路線図や、都バスのみんくるガイドなどを大事にセロテープで補強しながら眺めています。実家にあった10年前の地図もはまり、最初は綺麗だったのにハルくんが読み込むものだから、あっという間に使用感ができました。

今朝もJR 時刻表と自分の電車本を見比べて、何か納得しながらの作業。

c0072734_20232079.jpg


何を習得しているのでしょう。

こんなに毎日黙々とコツコツやられては、あっという間に私を越えてマニアックな世界にいきそうね。

どこかで飽きたりするのかな…

さてどうなることやら。
[PR]
by gooday1223 | 2012-10-28 20:10 | 日々 | Comments(0)

スイミング

金曜日のスイミング。

一時期、大ストライキのかかったスイミングですが、最近は張り切ってとまではいかないまでも、「自分のやるべきこと」として理解しているようで、淡々と通ってます。
別に本当に「やるべきこと」なのか、私も試行錯誤ですが、こうして頑張る姿勢は悪くないのかな。

プールサイドから飛び込む練習がある時は、本人一番の見せ場なようで、見学席から出て「近くで見に来てね」と言い残してプールに入っていきます。

最近はずっと見守らずに、編み物とかして過ごしてる私ですが、この一番の見せ場を見逃さないように、たまに様子を確認しながらです。

たまに私を遠くに見つけて、大きく手を振ってくれるハルくん。

そんな視線も無視しないように…
遠くから見守る心地良い時間です。
[PR]
by gooday1223 | 2012-10-28 19:24 | 日々 | Comments(0)

おみせやさんごっこ

10月24日(水)は幼稚園のおみせやさんごっこの日でした。

この日に向けて、おみせやさんを開店させる年長さんは、それぞれのお店の商品の作成にはげみ、
年中さん、年少さんは、お買いものにいく時の袋とお財布を作成して、その日を楽しみに過ごしていたようです。

今年のお店は、「おもちゃやさん」「おしゃれやさん」「おかしやさん」「たべものやさん」の4店舗。

前日には、2階のホールに準備されたお店屋さんに、年少さん、年中さんでウィンドウショッピングにでかけたそうです。

ここで自分の欲しいものを見定めて一晩翌日のお買いものを楽しみにする・・・

ハルくんも、このウィンドウショッピングで一番欲しい商品を心に決めてきたようで、その日は「あ~明日楽しみだなぁ~」といいながら眠りにつきました。

おかいものごっこでは、木のコインを三枚もらって、3つお買いものができるのだそうです。

お迎えに行くと、大きな紙袋(表にクレヨンと絵の具で魚の絵が描いてありました)にいっぱいの商品をいれたものを抱えて出てくる子供たち。

「見て見て~」と園庭で、ママたちに自分たちの買ったものを披露する光景があちこちでみられました。
それを嬉しそうに、近くで見ている年長さんたち。
自分たちが作った商品を買ってもらって、それを年下のお友達が嬉しそうに披露しているのを見るの、それはまた嬉しいでしょうね。

ハルくんはまず、おもちゃやさんでロボット(みなみくん作成)を買ったそうです。
その次に食べ物やさんでハンバーガーセット。
最後におもちゃやさんで車(げんくん作成)で買ったそうです。

ロボットは、早速幼稚園で遊んでいたら壊れちゃったそうで、みなみくんが治してくれたんですって。

家でも遊んでたらまた壊れちゃったら「おうちにはみなみくんいないから、自分で治さなきゃっ」って、セロテープを使って、一生懸命治していました。

こうして年上のお兄ちゃんお姉ちゃんたちの工作に触発されて、しばらくみんな工作がブームになるんでしょうね。

それぞれの行事にその後の余韻を楽しむところまで想定されているのがいいなぁと思います。

私もせっせと家で出た廃材を幼稚園に寄付することにしましょうね。
[PR]
by gooday1223 | 2012-10-28 17:52 | 日々 | Comments(0)