にじいろ*スケッチ

カテゴリ:   ★その他( 9 )

フラワーアレンジメント

木曜日は、月に一度のお花の時間。

幼稚園の先輩ママのご自宅で開かれるフラワーアレンジメントのクラスに月に一度参加しています。

毎月季節に沿ったテーマでアレンジを提案してくださる先生。用意してくださるお花も、普通のお花屋さんではめったに見かけない珍しい色合いのものだったり、とにかくセンスよく取り揃えてくださいます。

今月のテーマは、いつもと趣向か変わり、CHANEL。

私はなかなか縁のないブランドですが、CHANELのイメージで統一された小物やインテリア、モノトーンなフラワーアレンジメントでとても素敵な空間になりました

c0072734_10361179.jpg


最後はお花に囲まれてティータイム。

とても優雅な時間を過ごしてきました。
[PR]
by gooday1223 | 2012-10-20 10:29 |    ★その他 | Comments(0)

マスク

ズボンの後、勢いでガーゼのマスクを3つ作りました。

防寒にもなるかな?の家族三人分。

c0072734_1163025.jpg


ハルくんのはキリンマーク。
私はレースほ花。
パパはマークなし。

このタイプのガーゼマスク、すでに持っていて、私もハルくんもお気にいり。
暖かいのよね… 洗いがえができて良かったです
[PR]
by gooday1223 | 2012-02-11 01:15 |    ★その他 | Comments(0)

椅子の靴下

椅子に靴下を編んであげました001.gif

c0072734_073758.jpg


コマ編みで編み編み。
同じようなものを作ってる方をネットで見て参考にしました。

c0072734_08474.jpg


今まで粘着面のあるフェルトタイプのものを脚裏に貼っていましたが、ホコリを吸着するし、ずれてくるし難ありでした。

こちらは、数日使った感じはずれないし、キズガードにも十分な感じ。

脚カバー、たまに、既製品でみるリボンがついたようなファンシーな感じのものは好みでなかったのですが、これくらいはちょうどいい可愛いさで、満足です。

それにしても、購入時、まさかこんなに長く使うと思わなかったダイニングセット。
座面張り替えたり、靴下編んだり、なんでこんなに手かけてるんでしょ?
[PR]
by gooday1223 | 2012-01-20 00:07 |    ★その他 | Comments(2)

手帳カバー

ハルくんが生まれてから手帳はもっぱら100均手帳の私。

100均で売られている手帳、薄いし程よい大きさ。
そして見開きで1か月表示が、今の私の予定の分量的にもちょうどいいし、数週間先まで見通せて使いやすいのです。

ただそのまま使うのでは味気ないので、カバーをかけて使っています。

初代手帳カバーは紺色と紺ギンガムの組み合わせに、赤糸でクロスステッチを入れたもの。
(ブログにあげたかしら???)

これに少々飽きてきたので、昨晩新しいものを作りました。

c0072734_9431953.jpg


気分一新です。

来年の手帳もそろそろ買っておかないとね。
[PR]
by gooday1223 | 2011-11-01 09:43 |    ★その他 | Comments(2)

2010年手芸初め

1月7日(木) その2

1月3日から手芸初めとしてティッシュケースを作り始めていました。

面白い作り方をネットでみつけて試してみたかったのがきっかけ。

簡単にポケット付きのティッシュケースが出来上がり、手芸気分の盛り上がりに乗じて、2010年手帳カバー、おむつポーチと続けて作ってみました。

手帳カバーは、100ショップの薄い2010年手帳にカバーをつけてオリジナルな手帳になるように・・・

おむつポーチは、赤ちゃんの頃から使っていたポーチは大げさになってきたので、ちょっと出かける時にポシェットに1~2枚オムツを忍ばせておくのに簡単なポーチがあるといいなぁと思っていたのでした。

それぞれ共通の赤糸でクロスステッチのワンポイントを入れて・・・
いろいろ考えながらでも、結局は相変わらずの雰囲気になってしまいますね^^;

c0072734_154588.jpg

[PR]
by gooday1223 | 2010-01-07 23:40 |    ★その他 | Comments(0)

お手軽カルトナージュ

今日は外出先から直帰にしてしまったので、まだ夕暮れの時間に家に帰ってくることができました。

ここ最近帰りが遅い日が続いていたので、こんな早く帰れるとなると有効に過ごさなくてはと、かえって緊張しちゃいます。

この時間なら区民プールに行っても1時間くらい泳げる(浸かれる^^;)!と思ったのだけど、念のため電話で確認してみると予感的中、定期メンテナンスでお休み中とのこと。

うーん、どうしよう。時計は18時半をまわったところ。
普段間に合わない19時までとか20時までとかのお店や施設に駆け込むには、ここでもたもたしていては台無しと思うと・・・焦る焦る。

なんてそわそわしたわりに、これというのがなく、結局は図書館に借りている本を返して、近所をジョギング(散歩)して帰宅は20時でした。

今日は夫くんは出張で不在なので、昨日作っておいたミートソースで簡単にパスタですませて、まだ21時。

さて、まだ夜は長いぞ~ ということで、そこからは久々のものづくりの時間。

土曜日IKEAで買ってきたA4サイズのペーパーボックス(5箱で200円ちょっと)を使って簡単カルトナージュです。
もとは、こんな感じの白いボックスです。
これはこれで、そのままでも良さそうなのですが^^;
これに外側に布を張り、内側にも中敷を作って貼っていきます。
本当は箱から作り上げていくカルトナージュですが、箱の形は既にで出来上がっているので、楽ちんです。
c0072734_162595.jpg

はい、これが出来上がり。
一晩のお楽しみにちょうど良いカルトナージュでした。
まだ4箱あるけど、どうしよっかな。
c0072734_163963.jpg

[PR]
by gooday1223 | 2006-09-12 01:32 |    ★その他 | Comments(4)

土佐和紙 紙すき体験

高知県・土佐は、全国有数の和紙の生産地。
その歴史は、「土佐日記」の紀貫之の時代・平安時代に遡るのだそう。

土佐和紙工芸村では、手漉き和紙体験ができたので、これも挑戦することに。

って、これも体験といっても、あっという間の体験。
楮の液の中で木枠をゆすって、水をきって、はい終わり。
う~ん、またしても、ちょっと物足りないかな^^;

でも、そこから後、オリジナリティを楽しめるようになっていました。
草花を摘んで葉書にレイアウト。
Sくん5枚、私3枚担当。
ほんとは4枚4枚の約束でしたが、例のごとく私はのんびり。
なので、ぱっぱと進めるSくんに1枚譲りました。
c0072734_0531128.jpg

しかし、この葉書、書くスペースあまりないよね^^;
[PR]
by gooday1223 | 2005-10-19 01:05 |    ★その他 | Comments(9)

栴檀(せんだん)の色はどんな色

先日の高知旅行で3泊中2泊お世話になった土佐和紙工芸村の中には、
紙すき工房を始め、蔵ギャラリーやはた舎が隣接しています。

高知一日目は、少々曇りがちなお天気だったため、手工芸の世界にどっぷり浸ったゆっくりした時間を満喫しました。

さて、まず最初にチャレンジしたのは・・・草木染めです。
c0072734_23232915.jpg
染めるのは、この絹のストールです。
何枚かの中から自分にしっくりくる織りと光沢のものを選びました。

c0072734_23233776.jpg
予約をしていなかったので、この日たまたま準備されていた栴檀(せんだん)の染液を使わせてもらいました。
ふわぁとストールに空気を含ませたら、そっと釜の中にストールを沈めます。
c0072734_2323424.jpg
どうやら黄色っぽい色に染まっているようです。
この状態で、何時間か煮ます。
あれれ、ここまでで私がやったことって、
ストール選んで、水で洗って、空気を含ませて、釜に入れただけ。
う~ん、なんだかものたりないが、また他の体験をして戻ってくることにしました。

c0072734_01494.jpg
はた織りに没頭し、昼食に鮎定食を食べて、5時間経過して、また釜に戻ってきました。しっかり黄色に染まってる様子。
釜から上げ、水に放ち染液を洗い流したら、媒染剤で色を定着させます。
c0072734_23235641.jpg
まず、銅の媒染剤にたっぷり浸します・・・すると、少しずつ黄から緑に色が変わっていきました。5分くらい銅の媒染剤の中で泳がせたら、次は鉄の媒染剤の中に。すると、こんどは見る見るグレーっぽい色が入っていきます。変化が楽しい。
c0072734_2324193.jpg
最後にもう一度水でよ~く洗います。
c0072734_23253799.jpg
栴檀の木と木の間にかけた物干し竿にかけて、乾かしました。
c0072734_23281811.jpg
栴檀の色はこんな色
c0072734_23252992.jpg
ちなみに栴檀は双葉より芳しの栴檀は、この木ではなく白檀のことだそうです。(知らなかった^^;)

今回私がやったことは、はっきり言って、作業工程の最後の5%くらいのところでしたが、工房の人から色々草木染について話を聞けて、草木染の世界のイメージが膨らんだ感じ。
同じ植物でも媒染剤はもちろん、季節でも発色が変わるのだそう。

祖母や母も山や土手を歩いては、染料になる草木を集めていたっけな。
私は、まずは身近な植物から始めててみよう。
長年温めてきましたが、今秋、いよいよ機が熟したか!?
[PR]
by gooday1223 | 2005-10-19 00:41 |    ★その他 | Comments(8)

カルトナージュでお裁縫箱

この週末は、かねがね興味があったカルトナージュでお裁縫箱を作ってみました。
c0072734_233039.jpg

このカルトナージュ、フランスを中心としたヨーロッパの伝統工芸らしいです。

そして今日は、yurigonさんの初めてのカルトナージュ-布箱にTBです。

ずっとやってみたく、何度か図書館で本を借りてきては、作らないうちに返却期限が来て返す・・・みたいなのを2回ほど繰り返していたのですが、yurigonさんが、とても素敵な布箱を作っていらして、いよいよ作ってみることにしたのです。

生地は、以前にクッションカバーを簡単パッチワークで作った時
のはぎれを使いました。
この3種の生地、とてもお気に入りな組み合わせです。

それにしても1回作ってみて、なんとなくどういうことなのか分かった気がしますが、
とにかく、細かいところの処理が難しい!!! 特に角。
どうすれば、角を綺麗に仕上げられるか、コツが知りたいです・・・・
c0072734_2332934.jpg


蓋は、無地の生地で寂しいと思ったのですが、凝ったことを始めると道半ばでリタイアして完成しなくなりそうなのが怖かったので、簡単なアップリケをちょっと付けただけにしちゃいました。
c0072734_2334596.jpg


中は仕切りをつけて、ミニ裁縫箱に。
あれこれ入れた裁縫箱(かご)があるのですが、ちょっと針仕事をするだけの時に、それをごそごそと出してくるのが、ちょっとしたストレスだったので、必要最低限なものだけをまとめた裁縫箱があるといいなぁと思っていました。
c0072734_2335568.jpg



暮らしの中の布箱づくり―広岡ちはるのカルトナージュ
広岡 ちはる / 文化出版局
ISBN : 4579208684
スコア選択: ※※※※
今回参考にした本。


★おまけ
こちらは、このはぎれが出たクッションカバーです。
無地の部分が、緑の青のバージョンが夫々2個ずつあります。
3年間、お尻にひかれ、枕にされ、洗濯を何度もされて、色あせくたびれてきてしまいましたが、愛着のあるクッション達です。
c0072734_2342850.jpg

[PR]
by gooday1223 | 2005-08-28 23:55 |    ★その他 | Comments(8)