にじいろ*スケッチ

栴檀(せんだん)の色はどんな色

先日の高知旅行で3泊中2泊お世話になった土佐和紙工芸村の中には、
紙すき工房を始め、蔵ギャラリーやはた舎が隣接しています。

高知一日目は、少々曇りがちなお天気だったため、手工芸の世界にどっぷり浸ったゆっくりした時間を満喫しました。

さて、まず最初にチャレンジしたのは・・・草木染めです。
c0072734_23232915.jpg
染めるのは、この絹のストールです。
何枚かの中から自分にしっくりくる織りと光沢のものを選びました。

c0072734_23233776.jpg
予約をしていなかったので、この日たまたま準備されていた栴檀(せんだん)の染液を使わせてもらいました。
ふわぁとストールに空気を含ませたら、そっと釜の中にストールを沈めます。
c0072734_2323424.jpg
どうやら黄色っぽい色に染まっているようです。
この状態で、何時間か煮ます。
あれれ、ここまでで私がやったことって、
ストール選んで、水で洗って、空気を含ませて、釜に入れただけ。
う~ん、なんだかものたりないが、また他の体験をして戻ってくることにしました。

c0072734_01494.jpg
はた織りに没頭し、昼食に鮎定食を食べて、5時間経過して、また釜に戻ってきました。しっかり黄色に染まってる様子。
釜から上げ、水に放ち染液を洗い流したら、媒染剤で色を定着させます。
c0072734_23235641.jpg
まず、銅の媒染剤にたっぷり浸します・・・すると、少しずつ黄から緑に色が変わっていきました。5分くらい銅の媒染剤の中で泳がせたら、次は鉄の媒染剤の中に。すると、こんどは見る見るグレーっぽい色が入っていきます。変化が楽しい。
c0072734_2324193.jpg
最後にもう一度水でよ~く洗います。
c0072734_23253799.jpg
栴檀の木と木の間にかけた物干し竿にかけて、乾かしました。
c0072734_23281811.jpg
栴檀の色はこんな色
c0072734_23252992.jpg
ちなみに栴檀は双葉より芳しの栴檀は、この木ではなく白檀のことだそうです。(知らなかった^^;)

今回私がやったことは、はっきり言って、作業工程の最後の5%くらいのところでしたが、工房の人から色々草木染について話を聞けて、草木染の世界のイメージが膨らんだ感じ。
同じ植物でも媒染剤はもちろん、季節でも発色が変わるのだそう。

祖母や母も山や土手を歩いては、染料になる草木を集めていたっけな。
私は、まずは身近な植物から始めててみよう。
長年温めてきましたが、今秋、いよいよ機が熟したか!?
[PR]
by gooday1223 | 2005-10-19 00:41 |    ★その他 | Comments(8)
Commented by Lumi at 2005-10-19 00:50 x
おおー。
芸術の秋ですね。
あちこち見て回る旅もいいけど、こんな風に文化体験するのもいいですね。
作品は、今、手元にあるのでしょうか?
こんど是非拝見したいなぁ。

自然の色は本当に美しいですよね。自然の色といえば、今まさに紅葉のはじまり。誰が手を加えるわけでもないのに、季節によって緑・黄・赤と変化する木々の葉ってすごい生命を感じます。日本に四季があってよかったなぁと思う瞬間です。
Commented by small-small-world at 2005-10-19 00:52
草木染って楽しいですよね、思わぬ色を自然からいただけて。染めた糸をうまく使いこなせると楽しさがもっと大きくなるんでしょうけれど、今のところ染めた糸がストックになってしまっています。
goodayさんもいろいろ染めてくださいね。
Commented by gooday1223 at 2005-10-19 01:12
Lumiちゃん
そうですね。この日は、ここでゆっくり満喫しようと腹を決めたので、
とても気持ちの良い一日を過ごせました。手元にありますよ。
なかなか落ち着いた色なので、どんな風に合わせようかしらと思っています。次回、着けていきますね。
秋になると決まって赤く染める木々の葉、自然のサイクルって素晴らしいいよね。私も毎日目にするあるポプラの木があるのだけど、日々黄色く色づいていく様子を確認するのが、毎日の楽しみになっています。
Commented by gooday1223 at 2005-10-19 01:15
small-small-worldさん
今年こそ草木染を始めたいと思っています。元々安価な上に、使い古してきたホウロウの鍋を草木染用にするということを決心しました。草木染の毛糸で何か編むor織りたいです。small-small-worldさんの草木染ストック、今度もう一度見せてください。
Commented by やたみほ at 2005-10-19 10:54 x
私も一度だけ秩父で草木染物したよ。ハンカチを桜で染めたの。
小泉純一郎さんって方に教わったんだ!
私も毛糸を染めて編み物したい!作る時は誘ってね!!
Commented by hinanotiare at 2005-10-19 12:54
これ面白そう、すごく…体験してみたい
こちらの工房(?)とってもいい雰囲気の中にあるのだね
染物にはキレイな水=川が必要なので
昔からこういう立地条件にあるのでしょうけど
乾かし中画像の向こうに見えているのが川だったら
すごくステキだな
Commented by gooday1223 at 2005-10-20 22:47
やたちゃんへ
桜の草木染、きれいな桜色に染まったのかな?変哲もない桜の枝でとった染液から、桜の花を思わせる桜色がいただけるなんて、不思議でロマンチックです。小泉純一郎さんとは、また忘れられない名前の方に習ったのね。やるときは一緒にやりましょう。まずは、原料集めが大変だぁ。。。
Commented by gooday1223 at 2005-10-20 22:53
hinanoさん
面白そうでしょ~。そう、向こうに見えるのは、仁淀川という高知の清流です。山の中腹で、仁淀川を眺めながらの作業はとても心地よかったですよ。紙すきもそうだけど、きれいな水と自然があるからこそ、こういう文化が育つんですね、きっと。