にじいろ*スケッチ

はるくん 乳歯が抜ける

はるくん、初めて乳歯が抜けました!下の左の前歯です。

友達は幼稚園の年中さん頃から、ちらほら抜け始め、、、たぶん殆どの友達は乳歯が生え変わっていると思われる2年生の今頃です。

「ぼくは、いつ歯が抜けるんだろう??」

密かに気にしていたはるくん、歯がグラグラしてきたら、いよいよだと楽しみにしていたみたい。

年長さんの時に、遊具の太鼓橋から落ちて鼻を打った時にとったMRIの画像で、永久歯がちゃんと準備されているのを確認できていたので、あまり心配していなかった私ですが、本人としてはドキドキ心配なものですね。
永久に使う歯は、なるべく温存しておいたほうがいいのよ、なんて、はるくんの心配が深刻にならないように適当に取り合っていました。

「いつ抜けたの?」

の問いに、

「休み時間に鬼ごっこして、走っていたら唇の裏に何かあるなと思ったら、歯が抜けていたの。保健室に行ったら、歯を袋に入れてくれた」

といって、抜けた歯を見せてくれました。

真っ白で小さな綺麗な歯でした。

スイミングの帰り道に、「歯の妖精」について、ちらっと話してみました。

「ママが歯が抜けた時は、枕の下に歯を置いておいたら、歯の妖精が来てくれて、次の日の朝プレゼントが置いてあったのよ。 もううん十年も前のことだからね~ 今も歯の妖精っているのかしらね? はるくん、枕の下に置いて寝てみたら?」 って。

寝る前に

「ママが変は話するから寝れないよ・・・」と言いながらも、枕の下に抜けた乳歯を置いて寝ました。

さて、明日の朝、歯の妖精はやってくるのかな?

まだまだ、親としてこんな物語ができることが幸せですね。
[PR]
by gooday1223 | 2015-06-11 02:19 | 日々 | Comments(0)