にじいろ*スケッチ

ニューカレドニア旅行<3日目>~イル・デ・パン島 ピッシン・ナチュレル~

さて、昨日までちょっと旅行に出ておりまして、すっかり更新が止まってしまっていました。
夏休みの日記を慌ててまとめて書く子供の気分で、がんばってニューカレドニア旅行記の続きを書き終えてしまいたいと思います。
その後には、昨日までの旅行記が待っていますからね。。。

イル・デ・パン島到着
テニア島への日帰り旅行から帰ってきて、イル・デ・パン島に着いたのは、その日のすっかり日が沈んでからでした。空から見たイル・デ・パン島は、ふかーい深緑のうっそうとしたジャングルで覆われた島でした。人が住んでいる気配をまったく感じない暗黒の島という印象です。





空港に降り立つとイル・デ・パン島で3日間お世話になるメリディアンホテルのバスが待っていてくれました。ちなみに空港は、ほんとに小さな平屋の空港でした。
バスでホテルに向かう道のりも、それる脇道もほとんどない1本道、街灯ももちろんないので、運転手の感と経験で走っている状態でした。この先に、ほんとにホテルがあるのかしらと思うようなところでした。
10分から15分ほどで、バスはホテルに着きました。ホテルは森の中に埋もれるようにコテージが点在していて、その森の小道を歩いていくとフロントがあるメインの建物があります。
チェックインを済ませ私たちが泊まるコテージに案内をしてもらいました。
コテージは、リビング、寝室、パウダールーム、デッキがあり、これまでに泊まったホテルの中では、ずば抜けて素敵なところでした。いつもの私たちの旅行は、ひとつの所にとどまらずに、転々と移動をしながらということが多く、いっぱいいっぱいのスケジュールで行動しがちだったのですが、今回はゆっくりとリゾートタイムを楽しむ!というのがテーマでしたので、ちょっと贅沢しちゃいました。
c0072734_23521946.jpg

Le Meridien Ile des Pins

ピッシン・ナチュレルへ
次の日、イル・デ・パン島で一番の目玉スポット「ピッシン・ナチュレル」にまずは行ってみることに。
「ピッシン・ナチュレル」とは、メリディアンから森と海を歩いて30分くらいの深い入り江の奥にある「天然プール」と呼ばれるところです。一応、海とつながっていて海水が流れこんでいるので、海ということになります。が、深い深い入り江の奥にあり波もなく浅瀬が続くので、天然のプールと呼ばれているそうです。
ホテルで満潮になる時間帯を聞き、午前中の満潮の時間を狙って、ホテルのビーチから足こぎのカヤックで入り江沿いに「ピッシン・ナチュレル」を目指すことにしました。
c0072734_0191772.jpg

イル・デ・パン島の名前は、この島を発見した人が「松の島」だと思ったのに由来しているとのこと。実際にはこの人の勘違いでこの木は「南洋杉」だったわけですが。南洋杉の森の中を抜けるコバルトブルーの入り江の海の道を漕いでいきます。

30~40分で「ピッシン・ナチュレル」に着きました。

が、少し曇りがちだったのか、あまりいい写真がとれなかったので、写真は、またこの後に載せることにします。(「ピッシン・ナチュレル」には、滞在中何度か訪れたので)

「ピッシン・ナチュレル」では、満潮の時間を気にしながら(カヤックで来ているので潮が引くとカヤックが動かなくなってしまうため)、シュノーケリングを楽しみました。膝くらいの浅瀬がずっと続きますが中央付近には珊瑚礁の密集するエリアがあり、そこに色とりどりの魚が集まってきています。イソギンチャクに住むクマノミの夫婦なんかがすぐそこで見ることができたりして、もう感動ものです!

そして、またしても夢中になるあまりやってしまいました。
時間を気にしていたにも関わらず、帰るころには刻一刻と潮が引いていき、カヤックが前にも後ろにも動かなくなってしまったのです。
地元の子供たちと近くにいた日本人カップルが集まってきてくれて、みんなで一緒にカヤックを持ち上げて水深があるところまで運んでくれました。地元の子供たちは、みんな小さくて細いのに、すごい力持ち。次々に集まってきてくれて、ほんと嬉しかったのですが、間抜けな日本人になってしまい、とっても恥ずかしかったです。

お昼はロブスター
一度ホテルに戻り、お昼はロブスターを食べにいきました。
こちらは、森の中の小道を20分くらい歩いたところにある隠れ家的な小屋の店。
なかなか豪快な感じで美味しかったです。
c0072734_0462824.jpg


再びピッシン・ナチュレルへ
ホテルに戻り、再度「ピッシン・ナチュレル」へ向かうことに。
午前中の失敗から、今度は歩いていくことにしました。
(しかし、またしてもこれ!という写真がないので、「ピッシン・ナチュレル」の全貌は、この後にします。)
午後の夕暮れ時の景色は、美しかった。
c0072734_0551355.jpg


今日は、「ピッシン・ナチュレル」を満喫する日でした。
[PR]
by gooday1223 | 2005-03-25 00:59 |    ★ニューカレドニア | Comments(0)